2015年04月03日

なんもできねぇ・・・・(><)

ども! 夜勤、出張、オマケにほとんど休みなしという状況が続いていて、エネルギーゲイン(意味不明)がカツカツになっている男、スバリストです。

気が付けば私の住む大阪も、すっかり桜も満開になってたりするんですが、模型関連の活動はおろか、花見すらできない状況だったりします。 模型誌も買ってたりするんですが、数回ざっと目を通すのがやっとだったりするという・・・・。 ていうか、出張先で模型誌を買うと、荷物が増えるんで(オマケにまぁまぁ重いし・・・・)良かれ悪かれだったりするんですが・・・・(^^;
そうそう、久しぶりに出張先で“発売日の25日に模型誌が店頭に並んでいない”という状況を体験したんですが、都市部に住んでいると発売日や、ヘタすると発売日前に模型誌が手に入るのが普通みたいな感覚だったりするわけで、改めて地方と都市部との差のようなものを実感しました。

というわけで、なんとか今月も模型誌はこの2誌だけは購入できました。



先月末に出張先から帰ってきてから購入したんですが、なぜか?ホビージャパン誌だけがいつも買っているTUTAYAで売り切れになっていました。 早々に売り切れになってしまったのか、それともそもそも入荷数が少なかったのか・・・・どうなんでしょうね?(付録付きで値段が上がるし、店頭でかさばりますからねぇ・・・・)

MG百式2.0の発売やらオリジン版シャアザク&06R発売などワクワクする話もあったりするんですが、ネットの世界だと『今さら?』感もあったりするんで(^^;、個人的にちょっと興味のあるこちらの話でも・・・。



MGに続き、HG-UCでもリスタート(リ・リスタート?)という話。
『こんなのオレのイメージじゃねぇ~』なんて声も聞こえてきたりするわけですが、ガンダムに関しては他にいろいろ発売されているんで、“素材としての”選択肢が(それもかなり使えそうな)増えたと考えると、素直に歓迎していいんじゃないかと思ったりします。 
ただ、HG-UCで未発売のアイテムの雲行きが怪しくなったり(オリジン版もありますし・・・)、旧キット予備軍となった初期のHG-UCに手が出しづらくなったという状況もあったりするわけですが・・・・。
かくいう私も、リック○ィアスやハ○ザックなど凍結決定みたいになっちゃいましたしね。
とりあえず今はこの2アイテムだけ発表さてれいますが、発売されたら手に取って旧キットとの比較(みんなすぐにやりそうですが・・・)なんかもやってみたいですね。
  


Posted by subarisuto at 10:12Comments(0)

2015年01月14日

年の初めのナンヤカンヤ

ども! 正月から3年ぶりにスキーに行こうとするも、61年ぶりの大雪に阻まれてゲレンデにたどり着くことができなかった男、スバリストです(T_T)  まぁ、店をオープンした月がリーマンショックの始まりの月で、世界が100年に一度の不況に突入したと言われてたりしたんで、この程度の悪運は想定の範囲内ですが・・・・(><)

さて、2015年も早いもので2週間が過ぎてしまいました。 もはや今さら『あけまして~』なんて言うのもアレなんですが(^^;、そんな先日の日曜日、大阪の日本橋のボークスホビースクエアで開催された模型サークル『APC』さんの展示会の見学に行ってきました。 


当初は土曜日に見学に行って、夕方からプチ新年会でも・・・・と画策してたりしたんですが、例によって予定外の仕事のために予定の変更を余儀なくされてしまい、日曜日に行くことになりました。

午前中に近くの恵比寿神社に行き大阪人の商魂たくましさを思い知らされた後で会場へと向かったんですが、今回の展示会もクオリティーも高く、ボリュームたっぷりの見ごたえのある展示会でした。 
APCさんというと毎年のように展示会を開催しているというわけではないんですが、ある程度のインターバルを置いて『ぼちぼちやりますか?』っていうのもアリなんじゃないかって思いました。  とはいえ途中で熱が冷めきってしまうというパターンも多かったりするんで難しいところではあるんですが・・・・(^^;
『行きたかったんだけど・・・・』や『行きませんでした』という方、ちょっと残念だったかも・・・・。

展示会を見学したあとは、近所で一緒に行った友人と製作中の模型を囲んでの昼食会(^^)
うーん・・・・、こんなときこそ模型カフェがあればって思ったりするんですが、まぁ・・・・、しゃあないですね。

ちなみに今月はコレも買ってたりしまして・・・・。


今回もクオリティーの高い作例とクオリティーの高い装訂(ついでに言うと値段も・・・)の雑誌だなぁ・・・と思うわけなんですが、ぼちぼちネタキレの感も否めないような・・・・。  珠は速いんですが、直球ばかりなんで、もうちょっと変化球も期待したいところなんですが、やっぱり難しいのかなぁ・・・・(^^;
最近はいろいろとサブメカもキット化されてたりするんで、いっそのこと“本気の”サブメカ特集なんてどうでしょう、NAOKIさん?(^^)

ぼちぼち模型もリスタートしなきゃなぁ・・・・と思ったら、雑用やら再び夜勤スタートやらで、2015年も出足をくじかれる私なのでした。
  


Posted by subarisuto at 16:36Comments(0)

2014年12月08日

残りわずか

ども!  個人的にはベアッガイよりもサンダーボルト版アッガイをキット化してほしいと思っている男、スバリストです。  ずいぶんと長~い出張生活でしたが、なんとか生きて帰ってきました(><)
しかしまぁ、20日以上、連勤の徹夜仕事が続くと、時差ボケなんだかなんだかわからないくらいクタクタになってしまいますね。  認めたくないものだな・・・・、これがアラフォーなのか・・・・(T_T)

さて、出張となると、なるべく荷物は減らしたいところなんですが、幸か不幸か発売日が出張の再出発だったもんで、悩んだ挙句、ホビージャパン誌だけカバンに詰め込んで持っていった私です。
というわけで、発売からしばらく経ってしまいましたが、今月もこの2誌だけは買ってます。



ホビージャパン誌は、今月はついにオラザク発表となっています。 ここ数年、トンデモ作品が大賞に選ばれていたっていう印象があったんですが、今年の大賞作品は“これぞオラザク”(ってドムだけど・・・)という作品(あくまで個人的なイメージですよ)というものが選ばれていますね。
毎年、参加作品全掲載ということで、隅から隅までザザ~とチェックしてたりするんですが、知り合いの方や、どこかで見かけた作品が予選通過してたり、注目していた方が入賞していなかったりといろんな意味で『へ~』とか『ほ~』とか言いながら楽しんでたりする私だったりします。
残念ながら今年も作品を製作中ながらも参加できなかったりしたんですが、傾向と対策?という意味では、毎年この号は楽しみだったりします。
ちなみに今回、ビルダーズ部門に参加しようと画策してたりしたんですが、制作中のものと同じネタの作品が無かったものでホッとしてたりします(^^;
『ら、来年こそは・・・・(><)』

モデルグラフィックス誌は、ノーベル賞の恩恵といっても過言ではないLED電飾特集です。 実は私も最近はLED関係の仕事が多かったりするんですが、なかなかこれほどノーベル賞が生活に直結することなんてないわけで、そういう意味ではほんとうにすごいことだと思いますね。
・・・・って話がちょっと脱線してしまいましたが(^^;模型に電飾を仕込むのって、他の作品と差別化するという意味ではとても有意義なんですが、なかなか専門的な知識も必要ということもあって難しいんですよね。
なかなかこういうことを特集している模型誌って少なかったりするんで、『いつかやってみたいと思うんだけど・・・・』という方は、とりあえず今月号は買っておくっていうのもアリなんじゃないんでしょうか?

というわけで、今年もあと20日あまりとなったわけですが、個人的に今年は“模型的には”なんにもできなかった年となってしまいました。 とはいえ全く手を動かしていなかったっていうわけでもないんで、なんとか来年こそは形にして発表できれば・・・・っていうか発表するように持っていこうと思っている私でした。
  


Posted by subarisuto at 21:38Comments(2)

2014年11月14日

帰れねぇ~(><)

ども! いろんな意味で寒いのが苦手な男、スバリストです。
山陰の米子での出張生活も早いもので2週間超えとなりましたが、なんとか生きてます(^^;

『出張に来てます』って言うと『アッチ、コッチにタダで行けて、美味しいものを経費で食べられて羨ましい~』なんて言う人が居たりしますが、はっきり言って『代わってやろうか?』と言ってやりたいです(><)
そんな過酷な状況の中、たまたまホテルの近所で発見した模型屋さん!
いやぁ・・・・、全国各地で模型店閉店の悲しい知らせも聞く中、ホテルから現場へ向かう途中に2件も個人経営の模型屋さんを発見できるとは米子って素敵です。(←言い過ぎ? ^^;)

最初に見つけた模型屋さんは、ホテルから貴重な休息時間を削って徒歩で行って帰ってするのは難しそうだったんですが、発見した2件目の模型屋さんは、なんと宿泊先の米子駅前のホテルからすぐ近所!
というわけで、買い出しにイオンに出かけたついでに立ち寄ってきました。

裏通りの地元民しか通らないような場所を『たしかコッチの方で見かけたような記憶が・・・・』と進んでいくと、ありましたよ、模型屋さん!!
が、が・・・・ですよ。 そんな時に限って定休日という・・・・(号泣!!)


何が買いたいとかはさすがに出張中で荷物を増やすわけにもいかないんで特に無かったんですが、さすがにこのタイミングで定休日っていうのは、我が身の不幸を呪うばかりです(T_T)
ショーケースを覗いてみたら・・・・。


当たり前の話なんでしょうけど、私の地元の模型屋さんと、そんなに変わらないかも・・・・(^^;

『どうか1日も長く続けてください!』と心の奥で願いつつ、店の前を後にした私なのでした。

あぁ・・・・、本格的に寒くなる前に大阪に帰りたいです・・・・。
  


Posted by subarisuto at 16:24Comments(0)

2014年10月22日

ゆる~い模型話(^^)

2週連続で台風の中を出張に行き、3週目は雨だった男、スバリストです(><)

そんなわけで相変わらずノンビリできない毎日を送っている私なんですが(ちなみに明日からまた出張だったりします)、今年も地元に戻ってきた時に『おじさんとお兄さんの模型展』に見学に行ってきたものの、写真も撮らずに帰ってくるという始末・・・・(^^;  そりゃあ、模型製作もままならないって・・・・(T_T)
ただ、そんな日々でもアンテナは反応するもので、こんなものを買ってしまいました。


いわゆる缶コーヒーのオマケでして、こういったミニカー系のものも多かったりするんですが、ちょっとばかしラインナップが面白かったんでチョクチョク買ってたら、気がついたらコンプリート(^^)

SUVドリームコレクションということで、ランボルギーニ「ウルス」なんかがラインナップされてるんですよね。


ただ,、それ以外はアウディQ7やBMW X6、スカイラインクロスオーバーなんかが入っているものの、パジェロやランドクルーザーがラインナップされているなど、当たり障りない微妙~なところもあったりして・・・・。
どうせならポルシェ「カイエン」やレクサスNXなんかがラインナップされてたら良かったのに・・・・っていうかなんで入っていないの???(^^;

この手のオマケの食玩って誰がラインアップを決めてるんだかよくわからないんですが、イマイチ“コレジャナイ感”がしょっちゅうあったりするのは私だけなんでしょうか・・・・(^^;
マニアックに走り過ぎるのもどうかとは思うんですが、当たり障りが無さすぎるっていうのも、せっかく予算を投入したっていうのに、なんかもったいないというかなんというか・・・・。
いっそのこと、HPとかで募集とかしちゃったら面白いんじゃなかろうか・・・・なんて思ったりもするんですが、いろいろ“大人の事情”で難しいところあったりするんでしょうかね(^^;

どうせ当たり障りの無いラインナップをするんなら、軽スポーツカーコレクションとかミニバンコレクションとかにしたら面白いんじゃなかろうか?(缶コーヒーって車に乗ってる人が買うことが多いだろうしね)なんて思ったりもするんですが、そういう“前例のない”ラインナップはしないんだろうなぁ・・・・(^^;
  


Posted by subarisuto at 22:23Comments(0)

2014年10月11日

秋だねぇ~

ノーベル賞受賞の青色発光LEDの影響(恩恵?)を受けている男、スバリストです。
といっても“オイシイ思いをしている”っていうわけじゃなくって、最近の徹夜、出張の仕事っていうのが、LED関連の仕事が大半なんですよっていう話なんですが・・・。 

そんな出張やら徹夜やら出張の徹夜やらでバタバタしてたら、気がつくと今年も10月も10日以上過ぎているわけで・・・・(><)  マ、マズイ・・・・、全く模型が出来ていない・・・(-_-;)
なんですが、荷物が重たくなるにもかかわらず(^^)、模型誌を買って出張先に持ってってたりします。

例によって?今月もこの2誌(^^; まぁ。“総合的な判断により”っていうことで・・・・。

ガンダムUCも大団円を迎え一段落かと思いきや、この秋からはビルドファイターズの続編やら、待望の富野監督の新作『Gのレコンギスタ』(Gレコ)が始まりましたよね。
というわけで、今月のホビージャパンでも主役機であるGセルフのレビュー記事が掲載されています。


今回のGレコですが、モビルスーツのデザインがバリエーションに富んでいて面白いですよね。 ガンダムに限らず、1つの作品でここまでデザインに幅があるっていうのは珍しいような気がしますよね。
ターンAの時には、主役機のデザインに賛否両論ありましたが、今回はその経験からか、世間のガンダマー(^^)の反応は思いのほかマイルドなような気がするんですが、どっちかというとどう対処していいのやらわからずに静観しているっていうほうが正しいのかもしれませんね。 “古い地球人”の私には、まずはじっくり観ていきたいと思っています。


もちろん、今月もファーストエイジさん精鋭のライターさんによるユニコーン関連の作例も掲載されています。 
UC関連のMSの作例も網羅されてきたような感がありますが、どうせなら全MSをコンプリートしてほしいなって思っているのは私だけでしょうかね。  ZやZZの時に『今回掲載されなかったMSたち』っていうのがあって寂しかったのを思い出しますしね。


実写版も公開され、ふたたび脚光を浴びるイングラムも、そのデータを最大限に活かしてキット化されましたね。
かつてのMGなんかとはスケールが違うっていうのが少々残念な気がしないでもないんですが、今回のパトレイバーではイングラム以外のレイバーがほぼ出てこないんで、OKといえばOKかも・・・(^^;
しかしこのイングラムのキット。 ほんとうに良く出来てますよね。


今年の夏に開催されたキャラホビのレポート記事も、もちろん掲載されてますよ。
こういうのを見ると、私もかつてのディーラー時代を思い出してウズウズしちゃうんですが、なかなかタイミングも合わせづらい状況もありますし、ディーラーさんのレベルも高くなってますんで、“見学者”がやっとかな?(^^;

モデルグラフィックスはバイク特集です。

あくまで私のイメージなんですが、モデラーはバイク好きっていうイメージがあるんですが、最近はそんなこともないんでしょうかね?(^^; 私もバイク歴は長いんですが、実際にバイクの模型って作ったことが無かったりするわけですが、ラインナップが寂しい(ってことは売れないからなんでしょうが・・・(T_T))っていうのもあったりするのかもしれませんね。 最近の250ccブーム(といってもかつてに比べると登録台数も少ないんですが・・・)の火付け役であるカワサキのニンジャ250のキット化(塗装済みの半完成品っていうのも、逆にアリ?)の発売も決まったようですし、ちょっと買ってみてもいいかな?(^^)

秋には各地で模型の展示会も控えていたりするんで、時間が許せばぜひ行ってみたいと画策中の私でした。
  


Posted by subarisuto at 13:15Comments(0)

2014年08月30日

ホビージャパン & モデルグラフィックス

ども! 深夜ドラマ『アオイホノオ』と『アラサーちゃん』がツボに嵌ってしまった男、スバリストです。
この流れで『ガレキの翔』とかドラマ化されないかなぁ・・・・ってさすがにそれは無いか・・・・(^^;

8月も後半に入って各地で大雨の被害も発生しているようですが、みなさんのお住まいの地域は大丈夫でしたか?
私の方は予定されていた出張の仕事が延期の延期で、代わりに地元で仕事をしてたりしたんですが、酷暑の中だったり、深夜だったり、休日だったりと例によって振り回されっぱなしでした(><)
なんとか『今年こそは!』とオラザクに向けて水面下で製作を進めていた作品も、“いいところ”で今年もどうやら間に合いそうにないという・・・・(T_T)  エントリー予定の方は、9月1日〆切、消印有効ですんで、今頃はホッとひと段落しているところ・・・・ですよね(^^)
私の方もなんとかゴールが見えてきましたんで、近日中(近月中?)にどっかのコンテストにエントリーできればいいなぁ・・・・と思ってます。

そんな2014年の8月後半ですが、模型誌だけは手に入れてきました。


今月もホビージャパン(HJ)とモデルグラフィックス(MG)だけなんですが・・・・っていうか、電撃って妙に割高感があるのは私だけ?(^^ゞ

今月のHJは、ワンダーフェスティバルのアフターレポートが掲載されています。


行けなかった~という方はもちろん、ディーラーとして参加された方なんかも心待ちにしていたという方も多いのでは?  私もディーラーとして参加していた頃は、毎回ドキドキでした。 
ちなみにMGにもレポートが掲載されていますんで、是非チェックしてみてくださいね。

他にもついに発売となったHi-ν & ナイチンゲールの作例も掲載されています。



いやぁ・・・・、まさかこんなものが、それもこんなクオリティーでキット化される日が来ようとは・・・・(^^;
今年はネオジオングもキット化されましたし、キャラクターメインの展示会なんかでは頭の痛い状況だったりするんでしょうかね。 


ユニコーン系からは、デビュー2作目の作例、スタークジェガン エピソード7ver.をファーストエイジのまつおーじさんが製作されています。 ちなみに同じくファーストエイジのGAAさんは、今月はシルヴァバレットを製作されていますよ(^^)



スケールモデルからは、映画『永遠の0』でもその勇姿を見せてくれた赤城が特集されています。
新旧キットを比較されていますが、その進化は歴然ですよね。 っていうか、全長が変わっているっていうのは驚きなんですが・・・・(^^;

MGは、巻頭特集が、今話題の自衛隊です。


余談なんですが、コンビニ限定でUCC缶コーヒーに自衛隊コレクションが付いているんですが、ラインナップがいまいちツボを外しているような気がするんですが、リクエストとかできないものなんでしょうか?


私が以前、見学で乗船したひゅうが型の作例も掲載されていますよ(^^)
ちなみに現在建造中の3番艦『いずも』は、赤城なみの大きな船になるそうです。  うーん、ナマで見てみたい・・・・。
ちゅうか、このひゅうが型とかオスプレイとか機動戦闘車とかオマケでラインナップしてくれたら、缶コーヒーを買いまくるんですけどねぇ・・・・(^^;
  


Posted by subarisuto at 23:30Comments(0)

2014年08月06日

現地改修機風?

ども!  予定していた出張が延期になったらしいが、その知らせすら未だ届いていない男、スバリストです。
ったく・・・・、自己中でいいかげんな取引先にも困ったもんです・・・・(T_T)

さて、予定していた出張が延期になったもんで、予定外に大阪南港ATCで開催されているイベント、パトレイバーの1/1イングラム デッキアップの見学に、イベント初日の8月2日に行ってきました。

ちなみに今回のイベントは、8月10日まで開催されてたりするんですが、今回はその記事ではなく・・・・(おいおい 笑)

最近は腕時計は着けない人も多いんですが、仕事中に私は時計をしています。 スタンダードなGショックなんですが、機械的に壊れるなんていうことは無いんですが、さすがに何年も使ってると外装は現場仕事なんで傷んできます。 ベルトが切れてしまったり、輪環(ベルトに付いてる輪っかね)が切れてしまったり、今回は本体のガワの部分(ベゼルと言います)がちぎれてしまいました。

本来なら全て買い換えてしまえばいいんですが、パーツ交換でリファインすることにしました。
純正品を買えば本体を丸々買うくらいの値段になってしまうんで(笑)、ヤフオクで在庫の新品を検索。
が、なかなか目当ての色が手頃な価格で出品されていなかったもんで、色違いのものを落札しちゃいました。
で、完成したのがこちら。


なんだか現地改修のMSみたいなヘンテコな感じになったでしょ?(^^)
ちなみに右のボロボロなのがオリジナルです。 このベゼルの内側っていうのも結構汚れてたんで、すっかり綺麗にクリーニングしちゃいました。  
精密ドライバーさえあれば簡単にできちゃうんで、興味のある方は、ぜひ!・・・・って居ないか・・・・(^^;
これであと数年は戦えるぞ!!(^^)
  


Posted by subarisuto at 23:17Comments(0)

2014年05月29日

大団円 ガンダムユニコーン

ども! 7月号の模型誌は、ホビージャパンだけしか買わなかった男、スバリストです。

先月のモデルグラフィックス誌に続き、今月のホビージャパンもガンダムユニコーン エピソード7の特集だったわけなんですが、内容の濃いエピソード7を劇場で見たあとだと、微妙に物足りない部分もあったりして・・・・(^^;
なんてったってオオトリのネオジオングのキットだってまだ発売されてませんし、設定画が公式に発表されていないメカやMSなんかも触れられてすらいなかったんで、しゃあないっちゃあしゃあないんですけどね(^^;
おそらくまだまだユニコーンに関しては各模型誌で特集が組まれることと予想されますんで、それに期待するとしましょう(^^)

そんなガンダムユニコーンですが、今回もきっちり劇場にて鑑賞してきました!

ずらっと並んだ劇場版のパンフレットですが、なぜかエピソード2だけ行方不明・・・・(><)
最後だからと記念にパンフレットを収納するケースも買っちゃったんですが、てっきりバインダーだと思ってたら、百科事典の箱みたいなのの豪華なヤツでした(^^;
ちなみにエピソード1のパンフレットには・・・・

どーだ!(^^)

足掛け5年にわたるガンダムユニコーンなんですが、まさにラストにふさわしい仕上がりとなっていました。
内容に関しては詳しく語れないんですが、“あの人とあの人”もサプライズで出演していますし、あんなメカもサプライズで出演していますし、原作には無かったシーン(故、永井一郎さんが熱演されておられます)など、一時も目が離せない内容となっています。

作画も凄い完成度ですんで、今回もできることならばぜひ劇場で観て欲しいですね。
まぁ、1回見ただけでは認識できないものもあったりするんで、あとでDVDとかでコマ送りしながら見ないといけなかったりするんですけどね(^^;

いろいろと熱く語りたい話も多かったりするんですが、もうあえて何も言いません!
ぜひラストエピソードを、あなたの目で確認してみてください!!

ちなみに関西ではガンダムユニコーンが6月1日、6月8日、6月15日と3週間にわたって深夜1時20分(つまり日曜の深夜25時20分ね)から毎日放送(MBS)にて放送されます!
劇場でのイベント上映が6月13日までなんで、それには微妙に間に合わなかったりするんですが(^^;『うちにはソフトが無いんだよねぇ・・・・』っていう方は、ぜひチェックをお忘れなく!
  


Posted by subarisuto at 21:01Comments(0)

2014年05月10日

帰ってきました!

ども!  今年のゴールデンウィーク(GW)は東北出張で仕事ざんまいだった男、スバリストです。
いやぁ・・・・、mixiの日記には少し書いたんですが、関西から東北って、やっぱり遠いですね(^^;  仕事柄、移動は基本的に車なんですが、移動時間だけで大阪から盛岡まで休憩&昼食含めて約12時間。  高速道路上で2回も給油するという人生初体験までしちゃいました。
時期的に桜前線を追いかけながらだったもんで、行く先々で桜が満開でしたけどね(^^)
岩手県の盛岡で仕事をして、1日だけ青森に行って、また盛岡に帰ってきて仕事をして、連休は富山に行って仕事をするという、2週間を超えるほぼ“ツアー”状態でした(^^;
まぁ、しがない自営業者としては、仕事があるっていうだけでありがたい話ではあるんですが・・・・(^^;

そんな盛岡での連日の徹夜での仕事が続く中、睡眠時間を削って(っていうか連泊だったんで、クリーニングのために1日だけ数時間、部屋を追い出されたんですが・・・)駅前の本屋で模型誌を手に入れてきました。


モデルグラフィックス誌は、エピソード7の公開も控え、エピソード1~6までのTV地上波での放送も決定した( http://www.gundam-unicorn.net/ )ガンダムユニコーンの特集です。


別冊が発売され、保管のための特集が組まれるも、ネオジオングを始め、ズサやシュツルムガルス、Zプラスなどフォローしきれていないものが次々出現するという事態に、今後のMG誌でのさらなる展開を期待してしまうのいは私だけではないはず!!
しかし旧キット(って旧しか無いんですが・・・・)のガルスJと、HG-UCで発売予定のシュツルムガルスの体型の違いって、いったい・・・・(汗;  当時は『出来がいい!』って思ってたんですが、記憶の美化って怖いです・・・。



ホビージャパン誌は、ついに大団円を迎えたガンダムビルドファイターズの作例がいっぱい。
最終話に登場したラルさんのグフR35がついに・・・・っていうかサプライズでキット化されますね。
まさかの完全新規でのキット化のようですが、これってHG-UCのver.2.0を期待しちゃっていいんでしょうか?

来週末は静岡ホビーショウということで『久しぶりに行ってみたいなぁ・・・・』と思っていたら、再び仕事で富山へ行かないといけなくなってしまいました(T_T)  
なかなか模型製作の時間が取れなかったりするんですが、今年もオラザク選手権の日程も決定したことだし、なんとか頑張って作業を再開させねば!!
  


Posted by subarisuto at 20:44Comments(2)

2014年04月02日

待ち遠しいな

ども!  消費税が8%にUPする前に車にガソリンを入れておこうと思ったものの、10リットルしか入らず良かったのか悪かったのかわからない男、スバリストです。 しかしまぁ、増税しても使い道だけはしっかりしてもらいたいものですよね、いやマジで・・・・。

早いもので私の住む大阪も、すっかり桜が満開のところも多くなってきました。 模型製作はイマイチ進んでいないんですが、模型誌だけはなんとか手に入れてチェックしてたりします。


すんません・・・・、今月はこれだけでして・・・・(^^;
今月は、ついに終了となったガンダムビルドファイターズのホビージャパン誌の企画の改造パーツが付録として付いているんですが、コレって何かに使えるかなぁ・・・・(^^;

今月も公開まであと少しとなったガンダムユニコーン エピソード7の情報が満載です。


いやぁ・・・・、ズゴックに続いてゲルググ&リゲルグまで登場するとは・・・・。 
ジェガンは新設定のエコーズの機体が登場するようです。 しかしユニコーンって、モデラーを楽しませてくれる作品ですよね。 ただ、EWACジェガンの設定画が改めて掲載されているっていうことは、もしかしてキット化されちゃったりするんじゃないかって予想したりするんですが、どうなんでしょう???
そういえば、完成品のROBOT魂でEWACネロ(!)が商品化されるそうですが、ほぼ同じ時期に、ほぼ同じコンセプトのよく似た形状の機体が存在するのって、考えてみたら不思議ではあるんですが、センチネルに関しては“大人の事情”もあったりしますからね(^^;(ネロ自体が無かったことっぽい扱いだし・・・・)

さらに、ラスボスのネオジオングの試作品も・・・・。


予定価格27000円とのことですが、ガンプラ史上の伝説になりそうなキットですよね。 デンドロビウムの時のように各地の模型サークルの展示会の目玉として製作されそうですが、その後の処理に困りそうですね(^^;
しかし、塗装するとなると、赤をいっぱい使いそうですね(^^)   調色するんなら、覚悟してください。
っていうか、キット化するんなら、ズサじゃなくってガルスKをお願いしたかったっす(><)

その他、続々とキット化されて盛り上がりをみせているサンダーボルトの作例を、ヤマタクこと山田卓司さんが作っておられるんですが、やはりこういう“作品”っていうのは、ちょっと憧れたりするんですよね。



気候も暖かくなってきて、窓を開けて換気しながら製作しても辛くなくなってきましたし、私もボチボチ手を動かさねば・・・・。

  


Posted by subarisuto at 22:53Comments(0)

2014年03月22日

掲載されました!

ども! ガンダムユニコーン エピソード7の公開が待ち遠しい男、スバリストです。
ついにガンダム35周年の新たなプロジェクトが発表されましたね。
http://www.gundam35th.net/
UCのラストも気になるところではありますが、その先のオリジンやレコンギスタの行方も気になるところですよね。 
次の時代に向けて・・・・そろそろそういうことも真剣に考えていかないと行けない刻(とき)なのかもしれませんね。

で、ですよ(^^)javascript:void(0);
(ほぼ)ガンダムオンリーの模型誌ということで毎号楽しみにしているガンダムホビーライフ(GHL)ですが、3月14日発売の4号に、私も何度かミーティングにお邪魔させていただいている、プロのモデラーさんも参加されているサークル『ファーストエイジ』さんが掲載されました!


カラーで4ページ!  さらに白黒で2ページとけっこうなボリュームで掲載されています。
私もこの作品(まつおーじさんのランチ&コアファイター)は、モデラーズサミットで見たのですが(ちなみにそのモデラーズサミットでは、得票数第一位になりました)フィギュア1人1人の表情にまでこだわった素晴らしい作品でした。 他にもメンバーの作品やインタビュー記事なんかも掲載されていますんで、ぜひ書店で手にとってみてください。

さらに、GHL第2号で紹介された『コジマ塾』のメンバーで、作品も掲載されたZIGGYさんが、こんどはライターとして記事を書かれています。

完成品や制作記事だけではなかなか伝わらない“タイムスケジュール”に沿っての記事ということで、モデラーっていう人種がいかに寝る時間を削って模型製作に励んでいるのか(ってこれは少々特殊なパターンなんですが・・・^^;)っていうのがわかっていただけるかと・・・・。

他にも、総力特集であるガンダムUC × MSVということで、こんな作品も。

MGデルタプラスベールの1/100デルタガンダムです。 さらに・・・・

ビルダーズパーツを利用しつつ、オリジナルアレンジで製作されたスキウレです。 ガンプラブームを知るアラフォー世代には、MSXって燃えるものがある(なのか??)んですよね。  もしかするとUCエピソード7にも・・・。

ほかにも気合の入った作品が多数掲載されています。
今回は完成品TOYを使った成型色を生かした作例なんかも掲載されていますんで、参考になるという方も多いのでは???
ガンダムホビーライフ004は、定価1500円で発売中で~す(^^)


  


Posted by subarisuto at 23:36Comments(0)

2014年03月04日

ボールレンジャー

ども!  最近、ちっとも模型製作が出来てないモデラー、スバリストです。
そりゃあ、曜日の感覚も、昼夜の感覚も無くなるような生活を送ってたら、そうなりますって(><)

とはいえ模型誌を眺めているだけでは心が折れそうになってしまうんで、癒しを求めて話題の『サンダーボルト 第3巻 特装版』を買うことにしました。


ガンダムとしては珍しく、『ビックコミックスペリオール』に連載中のコミックの単行本なんですが、限定の特装版には作品に登場するボールのキットがオマケとして付いている(で正しいんだよね?^^;)んですよね。
限定版ということで一部の書店では売り切れてしまっているところもあるようですが、2月28日発売ということなんで、探せばまだなんとか手に入るかなと・・・・。

ガンプラが付いてくるということで、てっきり模型誌サイズのランナーだと思ってたんですが、コミックとほぼ同じ大きさの箱でした(^^;  そりゃあ、店頭で陳列に困りますもんね。
ランナー構成はこんな感じ。


さすがにクリアパーツは無いんですが、3色構成のランナーということで、それなりに頑張ってます。
ただ、HG-UCに比べると、パーツ数も少く設計されているんですが、頑張れば腕のフル可動化もできそうな設計となってますし、HG-UCのボールを持ってる人なら、2ヶセットの1つを流用すれば、コクピットの再現も可能でしょう。 そういう意味では“腕の見せどころ”なキットと言えるかもしれませんね。
さすがにそのままだと『シールをいっぱい貼らないといけないじゃん><』っていうことになってしまうわけなんですが、おそらくコイツを買うような人なら、きっと頑張って“なんとかする人”なんじゃないかと・・・(^^)
ということで、とりあえずパチ組みしてみました。



FAガンダムやサイコザクは少々アクの強いアレンジのされたデザインですが、これなら食べられそうでしょ?
ステップやバーニアのモールドなんかも、手を加えれば見栄えもバッチリ応えてくれるでしょうしね。

さらに、これまで発売されたボールシリーズ(?)も並べてみました。

ちなみに上段左から、08小隊版、0083版、MSイグルー版(シャークマウス)、下段右がノーマル版です。
このキットが出るまでは『ボールが4種類なんでファーボールじゃん!』って思ってたんですが、これで5種類になったんでボールレンジャー・・・・ですね(^^)
個人的にはこの手のアイテムをRR誌とかでガツンとやって欲しいところなんですが・・・・なぜかやってくれないんですよねぇ・・・・。
幸か不幸か1/144でサブメカもいっぱいキット化されてたりするんで、これらを本格的に特集とかしてくれたら伝説になるのになぁ・・・・とか淡い期待を描いてしまったりする私なのでした。
  


Posted by subarisuto at 00:33Comments(0)

2014年03月01日

これでは道化だよ(^^;

ども!  仕事で徹夜続きで、おまけに休みもほとんど無かったもんで、たまの休みのときには“新兵がかかる病気”みたいに抜け殻のようになってしまっている男、スバリストです。 いや、マジでゆっくり休みたいっす(><)

というわけで連日の徹夜の仕事がひと段落したと思ったら、先月末には富山県まで出張の仕事で行ってきたんですが、久しぶりに美味しいものを食べることができて、それだけが救いでした(←おいおい)  
出張に出る前に、出張に持って行こうとホビージャパン(HJ)とモデルグラフィックス(MG)を買っていったんですが、HJは重いんで(笑)置いて行きました。   

スンマセン・・・・、今月もこの2誌だけです(^^;

個人的に楽しみにしていたのは、MGの逆襲のシャア特集なんですが、ビックリしたのはHJのこの記事。

5月公開のガンダムUCエピソード7に登場するラスボス、ネオジオングだそうで・・・・。
『これでは道化だよ・・・・』と仮面の人が言ったとか言わなかったとか・・・・(^^;
原作には登場しないアニメオリジナルということなんですが、さすがにここまでブッ飛んだメカだと、逆に動いているところを見てみたいですね。 シナンジュがコアになっているデンドロビウム的なモビルアーマーのようですが、どうなっちゃうんでしょうね(^^;  まさか物語の結末に匹敵するくらいのものが控えていようとは・・・。
さらにこのネオジオングはHG-UCでキット化も決定しているそうで、今年の秋の各地の模型展示会では、目玉としてアッチコッチで展示されているんでしょうね(←希望的推測)


他にもHJではついに発売となったサンダーボルトのコミック第3巻の付録(どっちが?)のボールの作例も掲載されていました。  この件に関しては次回のブログで・・・・。


MGでの特集では、これまで発売されたサザビーのキットの比較もされています。 『MGのサザビーって昔も出てたよね?  どこが違うの?』なんて言われたりもするんですが、大違いですよね(^^;
MGサザビーver.Kaは、ぜひいちど組み立ててみたいキットではあるんですが、ランエボ、WRXみたいに『比較的手が出しやすいけど、そう簡単には乗りこなせない』っていう類のキットですよね。  もしPGのサザビーが出たなら『GTRみたいに・・・・』ってなるんでしょうか???(^^;

そんなサザビーを岡プロがハッチオープンでの見栄え重視で製作されています。

NAOKIさんの作例も掲載されていますが、個人的にはこっちが好みかも・・・・。

この他、あの歴史的な大雪の日に開催されたワンダーフェスティバルのレポートも掲載されています。

『行けなかったんでレポートを楽しみにしてたんだよ』っていう方はもちろん、ディーラーとして参加されていた方で『オレ、掲載されてる?』っていう方も楽しみにしてたのでは?(^^)

なかなかゆっくり模型製作もできないようなバタバタな私なんですが、オラザクに向けて脳内モデリングだけでも進めておかないとなぁ・・・・と思っている私なのでした。
  


Posted by subarisuto at 23:54Comments(0)

2014年02月05日

いろいろ大変でして・・・・(><)

ども! 10年ぶりにスキーウェアを新調したっていうのに、いちどもゲレンデに行けないうちに2年落ちになってしまいそうな男、スバリストです(T_T)  まぁ、タイミングが悪い時っていえば、そんなものかもしれません(T_T)

さて、2014年も早いもので1ヶ月以上が過ぎ去ってしまいました。 今年は年明け早々に関西で大きな影響力を持っていた歌手、やしきたかじんさんが亡くなられ、悲しみに沈んでいたわけなんですが、今度は声優界のお父さんとも言うべき永井一郎さんが亡くなられました。 
このお二人、何のつながりも無さそうなんですが、実はたかじんさんはガンダム劇場版第1作のテーマソング『砂の十字架』を歌っておられましたし、永井さんといえばガンダムではデギン・ザビを始め、多くのキャラを演じられ、最新作のガンダムUCでは、作品のキーマンの一人とも言えるサイアム・ビストを演じられておられましたので、少なからずご縁のあったように思ってしまいます。  世間的には永井さんといえばサザエさんの波平さんのイメージが強いわけですが・・・・。
幸い(と言ってものかどうかアレなんですが・・・)ガンダムUCの収録は終了しておられたようですが、もうガンダム世界では永井さんの声を聞くことはできなくなってしまったわけで、そう考えるとこういった事態を想定していたドラえもんはスゴイと思いますし、ガンダムオリジンのアニメ化に関してはアムロとシャアの変更も視野に入れないといけないのかなぁ・・・・なんて思ってしまいました。
どちらもまだまだ元気で活躍してほしいと思っていただけに残念でならないんですが、お二人のご冥福をお祈りいたします。

というわけで、なんやかんやとバタバタしておりまして、今夜もブログを更新したあとに仕事に向かわないといけなかったりするわけですが、模型誌だけはなんとか手に入れております。 といっても発売からすでに10日ほど経ってたりするんで、既に店頭から消えてたりするところもありそうなんですが・・・・(^^;


今月のモデグラの巻頭特集は、ヤマト2199です。

今回のヤマト2199では、多くのキットが発売され、おまけに73センチ級の大型のキットまで出るというファンにはちょっとした祭り状態だったりするんですが、それにはかつてのバンダイ模型を倒産ピンチから救ってくれたヤマトへの恩返し的なところもあるようですね。  そんな興味深いインタビューなんかも今回の特集では収録されてたりします。

さらに、大好評のうちにアニメが終了したアルペジオから、POOH熊谷さんの『イ 401 アルス ノヴァ』が掲載。

いやぁ・・・・、前回も思ったんですが、これも実物を見てみたいです!(><)

実は今回、ホビージャパン誌でも同じくアルス ノヴァが掲載されておりまして、偶然にも競作状態となっております。

さらにホビージャパン誌では、コンゴウの超重力砲モードも掲載されています。

しかし今回、このコンゴウを製作されたyubabaさん、ヤマト2199の作例も多数制作されているんですが、どんなスケジュールで製作されているんでしょうか???(汗;

ちゅうわけで、私も頑張って仕事に向かうとします・・・・(><)
  


Posted by subarisuto at 18:42Comments(0)

2014年01月03日

謹賀新年2014

ども!  元旦の映画の日に『永遠の0』を観に行って、久しぶりにマジ泣きしそうになって大変だった男、スバリストです。 いやぁ・・・・、昨年末にゼロ繋がり?のゼログラフィティーを3Dで観てきて、あまりの想定通りの映画に拍子抜けしたんですが、こっちは逆に何度もグッと来る場面があって、劇場は感動の嵐に包まれていました。 実は零戦賞賛の映画でも、単純な戦争映画でも無かったりするんですが、必ずや心に響くものがある映画だと思いますんで、ぜひ沢山の人に観て欲しいと思った映画でした。

2013年は、1月が仕事が暇だったこともあって(T_T)模型三昧で2つも完成品を仕上げてしまったんですが、結局それしか完成品が無かったこともあったんで、今年はもうちょっと計画的にスケジュールを立てねばと思っているんですが、こればっかりは“そうは問屋が卸さない”ことばかりですからね(^^;

というわけで、まずは何か手を動かそうかなということで、昨年末に買っておいたのがコチラ。

話題のアニメ、ガンプラビルドファイターズによって動き出した企画“オールガンダムプロジェクト”にてキット化された初の1/144でのキットF91です。

劇場公開当時、1/100のキットに感動して以来のF91だったりするんですが、経験値を蓄積した後の、万を持したキット化ということもあり、サイズこそ小さいながらも気合いの感じるキットとなっています。
ちなみにランナー構成はこんな感じ。

近年のHG-UCや、RGなんかからすると拍子抜けするくらい少ないパーツ数だったりするんですが、特徴的な胴体の構成などうまい具合にキット化されています。
ただ、そのおかげできちんとつなぎ目を消して、塗装して仕上げようとすると、途端にハードルが上がってしまいそうなので頭が痛かったりするんですが・・・・(T_T)
はてさて、どうしたものやら・・・・

というわけで、今年もボチボチですが、引き続き更新していきますんで、よろしくお願いします。
炎上しない程度に(笑)ご意見ご感想なんかもいただけると嬉しいです(^^)
  


Posted by subarisuto at 18:40Comments(2)

2013年12月30日

ラスト1日

シューマッハの容態が気になる男、スバリストです。  まさかスキーでの事故で重体なんて、ファンも、そして本人だって納得できないハズなんで、ぜひとも無事回復されることを祈っています。

さて、2013年も残り1日となりました。 今年は完成品がリハビリがてらに1月にサクッと作ったジム・セミストライカーとザクマリナーに2つだけだったんですが(オラザク用の新作は、2014年へ持ち越しです(T_T))、2014年は何か記憶(記録?)に残るような作品を作りたいと思っております。
そんな走っていた師もゴールに到着するようなこの時期に、模型誌を購入。

今月もこちらの2誌です。 

モデルグラフィックス誌は、話題のアニメ『ガンプラビルダーズ』を、モデグラ的な攻略法で特集しています。


オリジナルのガンプラを作ってバトルするっていうアニメなんで、オリジナルの作例っていうのも当然ながらアリなんでしょうが、劇中に登場していないものを作るっていうのは正直リスキーなような気がするっていうのは正直なところ。 しかし、あえてそんなオリジナルのガンプラを今のガンプラシーンに合わせて作例として製作するっていうのは、いかにもモデグラっていう感じで面白いですよね。

レッドウォーリアをリスペクトした岡プロの岡式(^^)
肩の百が岡になってるのが面白い。

ビルドガンダムマークⅡを、『ならば!』とバーザム(それもセンチネル版)で作ってしまう・・・・。

ガザCベースでバトルに参加しても、微妙~に不利なような気もするんですが・・・・(^^;

陸を走るっていう発想は、Vガンダム以来のものですよね。 
私も、これより派手なアッシマーを作らねば・・・・ってね。

ついに終了となったアルペジオから、今月はキリシマ&ハルナの合体形態!
メチャメチャ模型栄えするんですが、キットが出たとしても作れるかどうか・・・・(汗;
でも、実物が見てみたいなぁ・・・・。



ホビージャパンは、ついに発売となったサンダーボルトの特集です。 まさかオリジナルのコミックからキット化されるとは、昔なら考えられなかった話なんで、幸せな時代になったもんです。 
そんな特集で気になった作例は、やはりフルスクラッチ(←キットじゃないんかい!! 笑)

私も以前、オリジナルのガンタンクを製作したことがあるんですが、『なるほど! こうすれば模型栄えするのか!』と大変参考になりました。 しかし、完全にタミヤ製のガンプラですね(^^;

この手のサポートメカ?は、個人的に燃え(萌え?)るものがあります(^^)

この他にも、ついに発売となったMGサザビーver.Kaの作例も掲載されています。

ちなみに簡単フィニッシュの作例も掲載されているんですが、このキットって組み立てるだけで、すでに簡単・・・・じゃないですよね(^^;  箱だけでもバカデカいんで、店から家まで持って帰るだけでも一苦労っていう話もあるみたいですが・・・・(^^;


いよいよラストエピソードの公開まで半年余りとなったガンダムユニコーンですが、外伝のコミックで登場し、バンダイプレミアムでHG-UCまで発売されたリバウを、1/100でスクラッチしています。
HG-UCの作例も掲載されているんですが、1/100で合体、変形をスクラッチなんて、さすが過ぎます(^^;

今月は、ついに発売となったヤマト2199版1/500ヤマトの特集なんかもあるわけなんですが、こちらはみなさんの眼で直接ご確認ください(^^)  完成度の高すぎるキットっていうのも、ライター泣かせっていう典型的な例ですね(←もちろん、賞賛してるんですよ ^^)

来年はみんなが『じぇじぇじぇ』ってなるような作品を『倍返し』で製作したいものですね(←もういい?)
  


Posted by subarisuto at 23:53Comments(2)

2013年12月16日

オススメのガンプラ模型誌『GHL』

ども!  アスラシステム未搭載の男、スバリストです。(いろいろ言われてたけど、それなりに楽しんで観てた私)

年の瀬12月も半ばを過ぎ、年末調整で慌ただしくなrたり、惰性でノンビリだったりいろんな人がいるんでしょうね。
そういう私は、未だ流動的な予定に振り回されてたりして・・・・(T_T) 
とりあえず久しぶりに大阪モーターショウの見学に行ってみたいなぁ・・・・とか思ってたりするんですが、零細自営業者の予定は未定です。

そんな年の瀬に、『ガンダムホビーライフ』(GHL)の第3弾が発売されました!

ガンプラ専門誌とはいえ、その意欲的な内容に、毎回楽しみなGHLなんですが(せめてもうちょっとお値打ちな価格なら申し分無いんですが・・・・^^;)、今回も盛りだくさんの内容です。

特集第一弾は、『時代を駆け抜けた名機たち』ということで、Sガンダムを始め、Zプラス、ブルーディスティニー、ヘイズル、ハイザック[ヴァナルガンド]などなど気合いの入った作例陣です。


前回から続く師弟対決は、ついにあのMAX渡辺氏の1/100グフが完成です。  


新企画『ガンプラバトルロワイヤル』第1極は、MGジオングをテーマに基本塗装禁止モデリング。
成型色を最大限に活かしつつ、スミ入れやウエザリングなどで、凄い作品になってます。

個人的に挑戦してみたいと思ったのが、マスキングを用いたウエザリングですね。 


前回から続く『異ジャンルモデラーの挑戦』は、SF艦船モデラーがαアジールを料理してます。
電飾なども仕込まれていて、こういう作品って展示会などでは注目度抜群なんですよね。


同じく前回から続く企画『ザ・ドキュメント・モデリング』では、ヒルドルブを1週間で製作されています。

オオゴシトモエさんの『モケジョに会いたい!』では、小学5年生の女の子が登場!!

いやぁ・・・・、こういう企画って、意外に他の模型誌ではそうそうやらない(できない?)企画だと思うんで、ちょっと面白いと思いましたね。

さらに好評の企画、『この模型サークルがスゴイ!』では、福島県をホームに活動中の『RRM』さんが登場。


今回も内容盛りだくさんのGHLですが、ついに次回の特集は『ガンダムUC MSV』です!!
3月中旬発売予定とのことですが、今から楽しみです!!
ちゅうか、今すぐ3号購入に書店へGO!ですよ(^^)
定価1500円で全国書店で発売中(アスキー・メディアワークス)です。
  


Posted by subarisuto at 23:17Comments(0)

2013年11月28日

忙しすぎ~(><)

ども!  “ここ一番!”っていうときに限って予定が合わずに仕事が詰まっててイベントに参加できずにいる男、スバリストです。 いやぁ、もう今月に入って急に出張は入るわ、試験が有るわ、休みなしで延々と徹夜の仕事が入るわとスケジュールに全く余裕の無い状態となっています。 自営業の身としてはありがたい話ではあるんですが(お店で孤独な時間を耐えていたあの頃に比べたら・・・・><)、なんせ身体が一つしかないんで、他のことが全く手につきません。 鳥男に花の赤い人形でも貸して欲しいもんです(^^;
残念ながら楽しみにしていたモデラーズエキスポも今年は見学に行けなかったんですが(その頃私は福島県でしたよ(T_T))、来月1日に日本橋のボークスで開催予定の『もけいはく』も、今年も行けるかどうか怪しいところです。

そんな中、仕事の現場へ向かう途中で、なんとか模型誌だけは手に入れてきましたよ。

今月のモデルグラフィックスは、宮崎駿氏最後の映画(だよね?)を受けて(だよね?)ファインモールドの三菱九単座戦闘機のキットが付いたマガジンキットとなっています。 

おかげで定価が2700円とけっこうハードルが高くなってしまっていますが、逆に制作記事も分かりやすく解説されてたりするんで、スケールモデルをきっちりと作ってみたいっていう人にとっては、良いきっかけになるんじゃないかって思います。 

このほか、話題のCGアニメ『蒼き鋼のアルペジオ』から、POOH熊谷氏のイ401の作例が掲載されていますよ。

アオシマからキット化が決まったようですが、キットは通常の潜水艦状態にエッチングパーツを追加したおとなしい感じなので、個人的には作例のような船体がバカッと開いた超重力砲発射形態を期待してたんですが・・・。
作例は設定とは異なる部分も多いんですが(なんせ複雑なんですよね ^^;)その他の霧の艦隊を含めてパカッと開いた方を期待したいですよね(←買うかどうかは置いといて・・・・ね)

ホビージャパンは、毎年恒例のコンテスト、オラザクの結果発表となっています。

今年はちょっと変化球系の作品の受賞が目立っているんですが、この路線が進み過ぎるとちょっと大丈夫かなぁ・・・・なんて思ったりもするんですが・・・・。  私もどちらかというとネタ系は嫌いではないんですが、できれば侍ジャイアンツよりも巨人の星程度であってほしいなと・・・・(^^;  大喜利じゃないんだしね(^^;

他にも話題のキット、サザビーver.Kaのテストショットなんかも掲載されてます。 さすがにキッチリ作りこんで完成まで持って行くにはハードルが高そうですが、ぜひ組み立ててみたいキットではありますよね。

さて、こちらでも告知していた忘年会なんですが、参加予定の方もほとんどおられないようですし、肝心の私の方が参加できるかどうかも怪しいという状況でして、残念ながら今年は(今年も?)開催を見送りたいと思います。 また年が開けましたら何かしらオフ会的な感じで集まる機会を設けることができればとも思っていますんで、その時には改めてコチラで告知させていただきます。

というわけで、今夜も仕事に向かうとしますか・・・・(><)
  


Posted by subarisuto at 17:23Comments(0)

2013年09月30日

護衛艦いせ乗艦

ども! 最近すっかり曜日感覚が無くなってしまった男、スバリストです。

久しぶりに昨日の日曜日は仕事がオフだったんですが、大阪の天保山(山じゃなくって港ですよ~)で護衛艦いせの乗艦見学イベントがあるというので行ってきました。
いせというと、ひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦の2番艦なんですが、パッと見は『空母?』みたいな船です。

天保山の観覧車の横を歩いて行くと、大きな船体がどど~んと。

というわけで、興奮を抑えつつ、さっそく乗船



甲板へは大型の後方エレベーターで。 頭の中にはマクロスのテーマソングが・・・・(^^)

広~い甲板。 『めっちゃ空母やん!』(笑)
甲板上には、興味津々なものがいっぱい。

ファランクスも目の前でガン見(^^)  ちょっとだけ動かしてくれてたんですが、動画を撮り損ねてしまいました。

機銃座

側面を覗き込むと、こんなものも・・・・。

VLS、垂直発射!!

もちろん、搭載のヘリだって、コクピットまでガン見できましたよ。

以前に1番艦のひゅうがが神戸に来たときは仕事で行けなかったもんで、今回は大満足でした。
モデラー的には、
『ここのディテールは、本当はこうなってるんや・・・』 とか、
『パネルラインで色が違うってあるんだなぁ・・・・』 とか、
『これぞリアルなウェザリングだ!』
みたいなもの満載で、いろいろ勉強になりましたし、刺激にもなりました。

私も急遽知っていくことになったんで告知とかも出来なかったんですが、最近は陸自の演習なんかも大人気みたいだし、機会を作ってでも行ったほうがいいなぁ・・・・って思った1日でした。
  


Posted by subarisuto at 12:33Comments(0)