2013年04月27日

ホビーショウも間近なことだし・・・・

ども! しばらく仕事に忙殺されて魂が折れてしまっていた男,スバリストです。  
そんなわけで先週末に大阪のボークスで開催されていたモデルワークスさんの展示会にも行けず・・・・っていうか紹介すら出来ず(ちなみに4月27,28日には大阪市中央区本町にある愛日会館で『Mズ展2013』が、5月4,5日にはボークスホビースクエアで『気狂家』さんの展示会が開催されていますよ)模型誌だけはなんとか手に入れることができました。 
世間のアベノミクス効果にも全く無縁なもんで、今月もホビージャパン誌1誌だけですが・・・・(^^;

静岡ホビーショウも間近ということで各社の新製品情報も明らかになってきましたが、ガンプラに関してだとHG-UCガーベラテトラとMGギラドーガのキット化発表が驚きですかね。

ガーベラテトラの発売で、残るはザメルのみとなった0083ですが、ここは素直に『期待してます!』と言いたいところですね。 個人的にはGP-04とかも期待したいんですが・・・・。
MGギラドーガもフレーム流用でのギラズールも着たいしちゃって良さそうですよね。 

ガンプラ以外では、アオシマから名探偵・・・・じゃなくって未来少年コナンに登場したギガントや、最終型のスバルサンバートラックなんかのキット化だって発表されていました。
ホビーショウも雑誌や現場レポなどで見られる新製品情報よりも、全国から集まった模型サークルの合同展示会のほうが見たいところなんですが、こればっかりは行ってみないとわかりませんからね。  『仕事が休めそうなら行ってみようかなぁ・・・・』とか思ったりもするんですけどね。

というわけで、今夜も頑張ってお仕事に行ってきます!!(><)
  


Posted by subarisuto at 16:44Comments(0)

2013年04月01日

ゴールデンエイジ

ども! 気がついたらめったに乗らないバイクの車検が切れてたりする男、スバリストです。

今日から新年度ということでバタバタとされている方も多いかと思いますが、私も昨日の日曜から再び出張で大阪を離れております。 今回も夜間作業ということで昼夜逆転の生活を送っているんですが、大阪に居ても似たような生活だったりして、体力的に今は全く模型どころではなかったりします。 脳内モデリングだけは進んでいたりするんで、今はなんとか身体を崩さないように乗り切りたいと思っております(><)

さて、先日、アラフォー世代(アラフィフ世代?)に興味深い本が、それもスケールモデルを中心にやっているモデルアートから創刊されました。

80年代のリアルロボットを、当時に発売されていたプラモデルを中心に“今のテクニックで”今再び作りこんでみよう!っていうコンセプトの模型誌です。
モデグラなどでもいわゆる“旧キット”を現代風にアップデートさせる企画は何度かありましたが、それをモデルアートがやるっていうことで、私も興味があって買ってみました。

モデグラでの企画では“昔の映画をリメイクしました”的な切り口だったんですが、こちらは“当時の映画をデジタルリマスタリングしました”的な切り口で、これはこれで『懐かしい~』ってなる人も多いかもしれませんね。

ただ、この手の企画はこれまでもみんながやりつくした感がありますし、ネットなどでもやっている人も多いわけで(今回もメインのモデラーさんは、ネットでも見かけた方だったりしますし・・・・)、そういったものとの違い・・・・っていうかアドバンテージみたいなものを私的に見いだせなかったっていうのは“今後に期待します”ということにさせていただきたいですね。

『お手軽に・・・』というコンセプトで作っている作品も、それはずっと模型を作り続けている人の感覚であって、ウン十年ぶりに模型を作ってみようかっていう人にとっては最新のガンプラ(笑)のほうがずっと敷居が低くて、簡単に凄い作品が出来てしまうっていうのは誰しもが認めざるをえないところなので、ここはひとつみんなにあっと言わせるような作例にシフトしたほうがいいんじゃなかとかも思ったりしました。

モデルアートが新たに始めた季刊誌ということで、まずは今後の展開に期待したいところですね。
  


Posted by subarisuto at 16:21Comments(2)