2013年12月30日

ラスト1日

シューマッハの容態が気になる男、スバリストです。  まさかスキーでの事故で重体なんて、ファンも、そして本人だって納得できないハズなんで、ぜひとも無事回復されることを祈っています。

さて、2013年も残り1日となりました。 今年は完成品がリハビリがてらに1月にサクッと作ったジム・セミストライカーとザクマリナーに2つだけだったんですが(オラザク用の新作は、2014年へ持ち越しです(T_T))、2014年は何か記憶(記録?)に残るような作品を作りたいと思っております。
そんな走っていた師もゴールに到着するようなこの時期に、模型誌を購入。

今月もこちらの2誌です。 

モデルグラフィックス誌は、話題のアニメ『ガンプラビルダーズ』を、モデグラ的な攻略法で特集しています。


オリジナルのガンプラを作ってバトルするっていうアニメなんで、オリジナルの作例っていうのも当然ながらアリなんでしょうが、劇中に登場していないものを作るっていうのは正直リスキーなような気がするっていうのは正直なところ。 しかし、あえてそんなオリジナルのガンプラを今のガンプラシーンに合わせて作例として製作するっていうのは、いかにもモデグラっていう感じで面白いですよね。

レッドウォーリアをリスペクトした岡プロの岡式(^^)
肩の百が岡になってるのが面白い。

ビルドガンダムマークⅡを、『ならば!』とバーザム(それもセンチネル版)で作ってしまう・・・・。

ガザCベースでバトルに参加しても、微妙~に不利なような気もするんですが・・・・(^^;

陸を走るっていう発想は、Vガンダム以来のものですよね。 
私も、これより派手なアッシマーを作らねば・・・・ってね。

ついに終了となったアルペジオから、今月はキリシマ&ハルナの合体形態!
メチャメチャ模型栄えするんですが、キットが出たとしても作れるかどうか・・・・(汗;
でも、実物が見てみたいなぁ・・・・。



ホビージャパンは、ついに発売となったサンダーボルトの特集です。 まさかオリジナルのコミックからキット化されるとは、昔なら考えられなかった話なんで、幸せな時代になったもんです。 
そんな特集で気になった作例は、やはりフルスクラッチ(←キットじゃないんかい!! 笑)

私も以前、オリジナルのガンタンクを製作したことがあるんですが、『なるほど! こうすれば模型栄えするのか!』と大変参考になりました。 しかし、完全にタミヤ製のガンプラですね(^^;

この手のサポートメカ?は、個人的に燃え(萌え?)るものがあります(^^)

この他にも、ついに発売となったMGサザビーver.Kaの作例も掲載されています。

ちなみに簡単フィニッシュの作例も掲載されているんですが、このキットって組み立てるだけで、すでに簡単・・・・じゃないですよね(^^;  箱だけでもバカデカいんで、店から家まで持って帰るだけでも一苦労っていう話もあるみたいですが・・・・(^^;


いよいよラストエピソードの公開まで半年余りとなったガンダムユニコーンですが、外伝のコミックで登場し、バンダイプレミアムでHG-UCまで発売されたリバウを、1/100でスクラッチしています。
HG-UCの作例も掲載されているんですが、1/100で合体、変形をスクラッチなんて、さすが過ぎます(^^;

今月は、ついに発売となったヤマト2199版1/500ヤマトの特集なんかもあるわけなんですが、こちらはみなさんの眼で直接ご確認ください(^^)  完成度の高すぎるキットっていうのも、ライター泣かせっていう典型的な例ですね(←もちろん、賞賛してるんですよ ^^)

来年はみんなが『じぇじぇじぇ』ってなるような作品を『倍返し』で製作したいものですね(←もういい?)
  


Posted by subarisuto at 23:53Comments(2)

2013年12月16日

オススメのガンプラ模型誌『GHL』

ども!  アスラシステム未搭載の男、スバリストです。(いろいろ言われてたけど、それなりに楽しんで観てた私)

年の瀬12月も半ばを過ぎ、年末調整で慌ただしくなrたり、惰性でノンビリだったりいろんな人がいるんでしょうね。
そういう私は、未だ流動的な予定に振り回されてたりして・・・・(T_T) 
とりあえず久しぶりに大阪モーターショウの見学に行ってみたいなぁ・・・・とか思ってたりするんですが、零細自営業者の予定は未定です。

そんな年の瀬に、『ガンダムホビーライフ』(GHL)の第3弾が発売されました!

ガンプラ専門誌とはいえ、その意欲的な内容に、毎回楽しみなGHLなんですが(せめてもうちょっとお値打ちな価格なら申し分無いんですが・・・・^^;)、今回も盛りだくさんの内容です。

特集第一弾は、『時代を駆け抜けた名機たち』ということで、Sガンダムを始め、Zプラス、ブルーディスティニー、ヘイズル、ハイザック[ヴァナルガンド]などなど気合いの入った作例陣です。


前回から続く師弟対決は、ついにあのMAX渡辺氏の1/100グフが完成です。  


新企画『ガンプラバトルロワイヤル』第1極は、MGジオングをテーマに基本塗装禁止モデリング。
成型色を最大限に活かしつつ、スミ入れやウエザリングなどで、凄い作品になってます。

個人的に挑戦してみたいと思ったのが、マスキングを用いたウエザリングですね。 


前回から続く『異ジャンルモデラーの挑戦』は、SF艦船モデラーがαアジールを料理してます。
電飾なども仕込まれていて、こういう作品って展示会などでは注目度抜群なんですよね。


同じく前回から続く企画『ザ・ドキュメント・モデリング』では、ヒルドルブを1週間で製作されています。

オオゴシトモエさんの『モケジョに会いたい!』では、小学5年生の女の子が登場!!

いやぁ・・・・、こういう企画って、意外に他の模型誌ではそうそうやらない(できない?)企画だと思うんで、ちょっと面白いと思いましたね。

さらに好評の企画、『この模型サークルがスゴイ!』では、福島県をホームに活動中の『RRM』さんが登場。


今回も内容盛りだくさんのGHLですが、ついに次回の特集は『ガンダムUC MSV』です!!
3月中旬発売予定とのことですが、今から楽しみです!!
ちゅうか、今すぐ3号購入に書店へGO!ですよ(^^)
定価1500円で全国書店で発売中(アスキー・メディアワークス)です。
  


Posted by subarisuto at 23:17Comments(0)

2013年12月04日

もけいはく&レディーバード 模型展示会

ども!  あいかわらず深夜作業続行中の男、スバリストです。

これだけ長い間、昼夜逆転の生活を続けていると、たまの休みに昼間に出かけたりするとやたらと疲れたりするんですが(T_T)、12月1日は久しぶりに(本当に久しぶりに ><)展示会の日に仕事がオフだったもんで、大阪のボークスホビースクエアで毎年開催されている展示会『もけいはく』に作品を展示させていただいた後、大阪市中央区の愛日会館で開催されていた『レディーバード』さんの展示会をハシゴして見学してきました。

『もけいはく』は、ミニチュアガーデンさんが毎年開催されているイベントで、メンバーでなくても当日参加が可能という珍しいイベントです。 

ここ数年、“その日にかぎって”仕事が入ってしまっているという状況が続いていたんですが、今年はなんとか仕事がオフになったもんで久しぶりに“作品を展示させていただく”という形で参加させていただきました。
やっぱり自分の作品を持って行って展示させてもらうっていうのはいいですね(^^)  


今回のテーマは『未完成』ということで未完成品の作品も展示しませんか?っていうことでした。
未完成の作品を“あえて”展示するっていうのは色々と難しいなぁ・・・・っていうのもあったんですが、製作者と見学者の交流という意味ではアリかもしれませんね。 まぁ、そういうのが苦手(っていうか、製作者がその場に居ないっていう場合も多いんですが・・・^^;)っていう人も多いんですが・・・・。

作品を展示させていただいた後、午後からレディーバードさんの展示会に向かいました。

こちらは逆に飛行機を中心にメンバーさんの作品が展示されていたんですが、気合いの入った力作が多いなぁ・・・・っていう印象でした。 


最近は『風立ちぬ』や『永遠の0』(ちなみに原作者百田尚樹さんは、『探偵ナイトスクープ』の構成作家の方です)で二次大戦機が話題になっているんで、こういうのも作ってみたいんですけどね。

久しぶりに模型ざんまいの一日だったんですが、しばらく模型を作る余裕も無かったもんで、ぼちぼち製作も再開させにゃあなぁ・・・・って思いました。
  


Posted by subarisuto at 16:36Comments(0)