2014年05月29日

大団円 ガンダムユニコーン

ども! 7月号の模型誌は、ホビージャパンだけしか買わなかった男、スバリストです。

先月のモデルグラフィックス誌に続き、今月のホビージャパンもガンダムユニコーン エピソード7の特集だったわけなんですが、内容の濃いエピソード7を劇場で見たあとだと、微妙に物足りない部分もあったりして・・・・(^^;
なんてったってオオトリのネオジオングのキットだってまだ発売されてませんし、設定画が公式に発表されていないメカやMSなんかも触れられてすらいなかったんで、しゃあないっちゃあしゃあないんですけどね(^^;
おそらくまだまだユニコーンに関しては各模型誌で特集が組まれることと予想されますんで、それに期待するとしましょう(^^)

そんなガンダムユニコーンですが、今回もきっちり劇場にて鑑賞してきました!

ずらっと並んだ劇場版のパンフレットですが、なぜかエピソード2だけ行方不明・・・・(><)
最後だからと記念にパンフレットを収納するケースも買っちゃったんですが、てっきりバインダーだと思ってたら、百科事典の箱みたいなのの豪華なヤツでした(^^;
ちなみにエピソード1のパンフレットには・・・・

どーだ!(^^)

足掛け5年にわたるガンダムユニコーンなんですが、まさにラストにふさわしい仕上がりとなっていました。
内容に関しては詳しく語れないんですが、“あの人とあの人”もサプライズで出演していますし、あんなメカもサプライズで出演していますし、原作には無かったシーン(故、永井一郎さんが熱演されておられます)など、一時も目が離せない内容となっています。

作画も凄い完成度ですんで、今回もできることならばぜひ劇場で観て欲しいですね。
まぁ、1回見ただけでは認識できないものもあったりするんで、あとでDVDとかでコマ送りしながら見ないといけなかったりするんですけどね(^^;

いろいろと熱く語りたい話も多かったりするんですが、もうあえて何も言いません!
ぜひラストエピソードを、あなたの目で確認してみてください!!

ちなみに関西ではガンダムユニコーンが6月1日、6月8日、6月15日と3週間にわたって深夜1時20分(つまり日曜の深夜25時20分ね)から毎日放送(MBS)にて放送されます!
劇場でのイベント上映が6月13日までなんで、それには微妙に間に合わなかったりするんですが(^^;『うちにはソフトが無いんだよねぇ・・・・』っていう方は、ぜひチェックをお忘れなく!
  


Posted by subarisuto at 21:01Comments(0)

2014年05月19日

時代は流れた! ~メカコレ ヤマト2199~ その2

ども!  ギックリ腰でまともに身動きが取れなくなっている男、スバリストです(><)
いやぁ・・・・、まいりましたよ。  特に原因らしい原因は思い当たらないっていうのに、風呂から出てきたら腰を曲げられなくなってしまっているという・・・・。 おかげで、予定していた仕事にも行けずに迷惑かけるし、予定外の治療費はかさむし、いろんな意味で痛い思いをしています(T_T)
まぁ、おかげでガンダムエースは(病院帰りに)観に行けたんですが、パンフレットは売り切れてしまっていました・・・・(T_T)   
『なんて日だ!!』

さて、時代を超えてリニューアルされたメカコレクションですが、さっそくパチパチッと組んでみました。
いやぁ・・・・、まったく大きさがわからないですよね(^^;
ちなみに、箱と比べたらこんな感じ。

でも、これはこれで大きさがイマイチピンと来ないですね(^^;
つまり、それくらい精密で密度感の高い模型だっていうことなわけなんですね。
小学生だった当時、かつてのメカコレのヤマトを、上手く組み立てられなくて悔しい思いをした記憶があるんですが、今回のキットはスナップフィットにもかかわらず、組み立てられる自信、無いです(^^;
まぁ、今回のメカコレは、MGとかと同じく対象年齢は15歳以上ですからね。
ただ、スナップフィットなんで、当時の菱形の接着剤は付いていませんのであしからず(^^)

こんなにチッコイのに、細部の再現も限界にチャレンジしています。



パーツの精度も高く、普通に組み立てるだけで、凄い完成度です。
だってこれだけ小さいと、『主砲にピンバイスで穴を開けないと・・・・』とか思いませんもん・・・・(^^;
いや、艦船モデラーなら、やっちゃうんでしょうけどね(^^;

ただ、いかんせん、たくさんのパーツが細くて折れやすいんで、くれぐれもご注意を(^^)

さーて、ユニコーンを観て盛り上がったことだし、模型も作るぞ~!!
ガンダムユニコーン エピソード7を見たら、モデラーはあと10年はネタに困らなそうです(^^)

  


Posted by subarisuto at 17:14Comments(0)

2014年05月14日

時代は流れた! ~メカコレ ヤマト2199~ その1

ども! ガンダムユニコーン7公開日に、再び出張中の男、スバリストです。
でも、今回は公開中に戻ってこれるし、家の近所(!)のアリオ八尾での公開も決まったんで、余裕だもんね~

時代を超えて模型がリニューアルされるというと、ガンダムが真っ先に思い浮かぶわけですが、最近だとヤマトだって続々とキットが発売されてたりします。 ただ、昔とほぼ同じサイズのキットとなると少なかったりするわけですが、なんとあのメカコレクションが時代を超えてリニューアルされるということで、出張から戻ってきて早速手に入れてきました。


左が今回発売されたキット、右が旧キット(っていう言い方が正解ですよね)なんですが、箱のサイズが全く同じっていうのは、ある意味、担当者のこだわりを感じますよね。 なにより、持って帰るの困らない!!(^^)


ランナー構成を見ると、ほぼ倍です(^^)
この大きなランナーを板チョコのようにパキッと分割して、この小さな箱に収まっているわけですね。
ただ、色分けだってほぼ再現されていますし、なによりパーツ数は劇的に増えてます(再現度、アップ!)


箱に収めてみても、旧キットはスッカスカだったのに対して、今回のキットは最近のMGのごとくイッパイイッパイだったりします。 箱が大きいと、ちょっとたじろいでしまいそうなんですが、このサイズだとワクワクです(^^)


当然ながら(?)箱裏の組立図だって引き継いでいます(^^) 
この組立図を見ただけでも、このキットの凄さが想像できちゃいます(^^;

さーて、こんなキットをパチパチッと組み立てただけで、どんな風になるのか・・・・
乞うご期待!

  


Posted by subarisuto at 17:05Comments(0)

2014年05月10日

帰ってきました!

ども!  今年のゴールデンウィーク(GW)は東北出張で仕事ざんまいだった男、スバリストです。
いやぁ・・・・、mixiの日記には少し書いたんですが、関西から東北って、やっぱり遠いですね(^^;  仕事柄、移動は基本的に車なんですが、移動時間だけで大阪から盛岡まで休憩&昼食含めて約12時間。  高速道路上で2回も給油するという人生初体験までしちゃいました。
時期的に桜前線を追いかけながらだったもんで、行く先々で桜が満開でしたけどね(^^)
岩手県の盛岡で仕事をして、1日だけ青森に行って、また盛岡に帰ってきて仕事をして、連休は富山に行って仕事をするという、2週間を超えるほぼ“ツアー”状態でした(^^;
まぁ、しがない自営業者としては、仕事があるっていうだけでありがたい話ではあるんですが・・・・(^^;

そんな盛岡での連日の徹夜での仕事が続く中、睡眠時間を削って(っていうか連泊だったんで、クリーニングのために1日だけ数時間、部屋を追い出されたんですが・・・)駅前の本屋で模型誌を手に入れてきました。


モデルグラフィックス誌は、エピソード7の公開も控え、エピソード1~6までのTV地上波での放送も決定した( http://www.gundam-unicorn.net/ )ガンダムユニコーンの特集です。


別冊が発売され、保管のための特集が組まれるも、ネオジオングを始め、ズサやシュツルムガルス、Zプラスなどフォローしきれていないものが次々出現するという事態に、今後のMG誌でのさらなる展開を期待してしまうのいは私だけではないはず!!
しかし旧キット(って旧しか無いんですが・・・・)のガルスJと、HG-UCで発売予定のシュツルムガルスの体型の違いって、いったい・・・・(汗;  当時は『出来がいい!』って思ってたんですが、記憶の美化って怖いです・・・。



ホビージャパン誌は、ついに大団円を迎えたガンダムビルドファイターズの作例がいっぱい。
最終話に登場したラルさんのグフR35がついに・・・・っていうかサプライズでキット化されますね。
まさかの完全新規でのキット化のようですが、これってHG-UCのver.2.0を期待しちゃっていいんでしょうか?

来週末は静岡ホビーショウということで『久しぶりに行ってみたいなぁ・・・・』と思っていたら、再び仕事で富山へ行かないといけなくなってしまいました(T_T)  
なかなか模型製作の時間が取れなかったりするんですが、今年もオラザク選手権の日程も決定したことだし、なんとか頑張って作業を再開させねば!!
  


Posted by subarisuto at 20:44Comments(2)