2014年03月04日

ボールレンジャー

ども!  最近、ちっとも模型製作が出来てないモデラー、スバリストです。
そりゃあ、曜日の感覚も、昼夜の感覚も無くなるような生活を送ってたら、そうなりますって(><)

とはいえ模型誌を眺めているだけでは心が折れそうになってしまうんで、癒しを求めて話題の『サンダーボルト 第3巻 特装版』を買うことにしました。


ガンダムとしては珍しく、『ビックコミックスペリオール』に連載中のコミックの単行本なんですが、限定の特装版には作品に登場するボールのキットがオマケとして付いている(で正しいんだよね?^^;)んですよね。
限定版ということで一部の書店では売り切れてしまっているところもあるようですが、2月28日発売ということなんで、探せばまだなんとか手に入るかなと・・・・。

ガンプラが付いてくるということで、てっきり模型誌サイズのランナーだと思ってたんですが、コミックとほぼ同じ大きさの箱でした(^^;  そりゃあ、店頭で陳列に困りますもんね。
ランナー構成はこんな感じ。


さすがにクリアパーツは無いんですが、3色構成のランナーということで、それなりに頑張ってます。
ただ、HG-UCに比べると、パーツ数も少く設計されているんですが、頑張れば腕のフル可動化もできそうな設計となってますし、HG-UCのボールを持ってる人なら、2ヶセットの1つを流用すれば、コクピットの再現も可能でしょう。 そういう意味では“腕の見せどころ”なキットと言えるかもしれませんね。
さすがにそのままだと『シールをいっぱい貼らないといけないじゃん><』っていうことになってしまうわけなんですが、おそらくコイツを買うような人なら、きっと頑張って“なんとかする人”なんじゃないかと・・・(^^)
ということで、とりあえずパチ組みしてみました。



FAガンダムやサイコザクは少々アクの強いアレンジのされたデザインですが、これなら食べられそうでしょ?
ステップやバーニアのモールドなんかも、手を加えれば見栄えもバッチリ応えてくれるでしょうしね。

さらに、これまで発売されたボールシリーズ(?)も並べてみました。

ちなみに上段左から、08小隊版、0083版、MSイグルー版(シャークマウス)、下段右がノーマル版です。
このキットが出るまでは『ボールが4種類なんでファーボールじゃん!』って思ってたんですが、これで5種類になったんでボールレンジャー・・・・ですね(^^)
個人的にはこの手のアイテムをRR誌とかでガツンとやって欲しいところなんですが・・・・なぜかやってくれないんですよねぇ・・・・。
幸か不幸か1/144でサブメカもいっぱいキット化されてたりするんで、これらを本格的に特集とかしてくれたら伝説になるのになぁ・・・・とか淡い期待を描いてしまったりする私なのでした。
  


Posted by subarisuto at 00:33Comments(0)最近の日記

2014年03月01日

これでは道化だよ(^^;

ども!  仕事で徹夜続きで、おまけに休みもほとんど無かったもんで、たまの休みのときには“新兵がかかる病気”みたいに抜け殻のようになってしまっている男、スバリストです。 いや、マジでゆっくり休みたいっす(><)

というわけで連日の徹夜の仕事がひと段落したと思ったら、先月末には富山県まで出張の仕事で行ってきたんですが、久しぶりに美味しいものを食べることができて、それだけが救いでした(←おいおい)  
出張に出る前に、出張に持って行こうとホビージャパン(HJ)とモデルグラフィックス(MG)を買っていったんですが、HJは重いんで(笑)置いて行きました。   

スンマセン・・・・、今月もこの2誌だけです(^^;

個人的に楽しみにしていたのは、MGの逆襲のシャア特集なんですが、ビックリしたのはHJのこの記事。

5月公開のガンダムUCエピソード7に登場するラスボス、ネオジオングだそうで・・・・。
『これでは道化だよ・・・・』と仮面の人が言ったとか言わなかったとか・・・・(^^;
原作には登場しないアニメオリジナルということなんですが、さすがにここまでブッ飛んだメカだと、逆に動いているところを見てみたいですね。 シナンジュがコアになっているデンドロビウム的なモビルアーマーのようですが、どうなっちゃうんでしょうね(^^;  まさか物語の結末に匹敵するくらいのものが控えていようとは・・・。
さらにこのネオジオングはHG-UCでキット化も決定しているそうで、今年の秋の各地の模型展示会では、目玉としてアッチコッチで展示されているんでしょうね(←希望的推測)


他にもHJではついに発売となったサンダーボルトのコミック第3巻の付録(どっちが?)のボールの作例も掲載されていました。  この件に関しては次回のブログで・・・・。


MGでの特集では、これまで発売されたサザビーのキットの比較もされています。 『MGのサザビーって昔も出てたよね?  どこが違うの?』なんて言われたりもするんですが、大違いですよね(^^;
MGサザビーver.Kaは、ぜひいちど組み立ててみたいキットではあるんですが、ランエボ、WRXみたいに『比較的手が出しやすいけど、そう簡単には乗りこなせない』っていう類のキットですよね。  もしPGのサザビーが出たなら『GTRみたいに・・・・』ってなるんでしょうか???(^^;

そんなサザビーを岡プロがハッチオープンでの見栄え重視で製作されています。

NAOKIさんの作例も掲載されていますが、個人的にはこっちが好みかも・・・・。

この他、あの歴史的な大雪の日に開催されたワンダーフェスティバルのレポートも掲載されています。

『行けなかったんでレポートを楽しみにしてたんだよ』っていう方はもちろん、ディーラーとして参加されていた方で『オレ、掲載されてる?』っていう方も楽しみにしてたのでは?(^^)

なかなかゆっくり模型製作もできないようなバタバタな私なんですが、オラザクに向けて脳内モデリングだけでも進めておかないとなぁ・・・・と思っている私なのでした。
  


Posted by subarisuto at 23:54Comments(0)最近の日記

2014年02月05日

いろいろ大変でして・・・・(><)

ども! 10年ぶりにスキーウェアを新調したっていうのに、いちどもゲレンデに行けないうちに2年落ちになってしまいそうな男、スバリストです(T_T)  まぁ、タイミングが悪い時っていえば、そんなものかもしれません(T_T)

さて、2014年も早いもので1ヶ月以上が過ぎ去ってしまいました。 今年は年明け早々に関西で大きな影響力を持っていた歌手、やしきたかじんさんが亡くなられ、悲しみに沈んでいたわけなんですが、今度は声優界のお父さんとも言うべき永井一郎さんが亡くなられました。 
このお二人、何のつながりも無さそうなんですが、実はたかじんさんはガンダム劇場版第1作のテーマソング『砂の十字架』を歌っておられましたし、永井さんといえばガンダムではデギン・ザビを始め、多くのキャラを演じられ、最新作のガンダムUCでは、作品のキーマンの一人とも言えるサイアム・ビストを演じられておられましたので、少なからずご縁のあったように思ってしまいます。  世間的には永井さんといえばサザエさんの波平さんのイメージが強いわけですが・・・・。
幸い(と言ってものかどうかアレなんですが・・・)ガンダムUCの収録は終了しておられたようですが、もうガンダム世界では永井さんの声を聞くことはできなくなってしまったわけで、そう考えるとこういった事態を想定していたドラえもんはスゴイと思いますし、ガンダムオリジンのアニメ化に関してはアムロとシャアの変更も視野に入れないといけないのかなぁ・・・・なんて思ってしまいました。
どちらもまだまだ元気で活躍してほしいと思っていただけに残念でならないんですが、お二人のご冥福をお祈りいたします。

というわけで、なんやかんやとバタバタしておりまして、今夜もブログを更新したあとに仕事に向かわないといけなかったりするわけですが、模型誌だけはなんとか手に入れております。 といっても発売からすでに10日ほど経ってたりするんで、既に店頭から消えてたりするところもありそうなんですが・・・・(^^;


今月のモデグラの巻頭特集は、ヤマト2199です。

今回のヤマト2199では、多くのキットが発売され、おまけに73センチ級の大型のキットまで出るというファンにはちょっとした祭り状態だったりするんですが、それにはかつてのバンダイ模型を倒産ピンチから救ってくれたヤマトへの恩返し的なところもあるようですね。  そんな興味深いインタビューなんかも今回の特集では収録されてたりします。

さらに、大好評のうちにアニメが終了したアルペジオから、POOH熊谷さんの『イ 401 アルス ノヴァ』が掲載。

いやぁ・・・・、前回も思ったんですが、これも実物を見てみたいです!(><)

実は今回、ホビージャパン誌でも同じくアルス ノヴァが掲載されておりまして、偶然にも競作状態となっております。

さらにホビージャパン誌では、コンゴウの超重力砲モードも掲載されています。

しかし今回、このコンゴウを製作されたyubabaさん、ヤマト2199の作例も多数制作されているんですが、どんなスケジュールで製作されているんでしょうか???(汗;

ちゅうわけで、私も頑張って仕事に向かうとします・・・・(><)
  


Posted by subarisuto at 18:42Comments(0)最近の日記

2014年01月03日

謹賀新年2014

ども!  元旦の映画の日に『永遠の0』を観に行って、久しぶりにマジ泣きしそうになって大変だった男、スバリストです。 いやぁ・・・・、昨年末にゼロ繋がり?のゼログラフィティーを3Dで観てきて、あまりの想定通りの映画に拍子抜けしたんですが、こっちは逆に何度もグッと来る場面があって、劇場は感動の嵐に包まれていました。 実は零戦賞賛の映画でも、単純な戦争映画でも無かったりするんですが、必ずや心に響くものがある映画だと思いますんで、ぜひ沢山の人に観て欲しいと思った映画でした。

2013年は、1月が仕事が暇だったこともあって(T_T)模型三昧で2つも完成品を仕上げてしまったんですが、結局それしか完成品が無かったこともあったんで、今年はもうちょっと計画的にスケジュールを立てねばと思っているんですが、こればっかりは“そうは問屋が卸さない”ことばかりですからね(^^;

というわけで、まずは何か手を動かそうかなということで、昨年末に買っておいたのがコチラ。

話題のアニメ、ガンプラビルドファイターズによって動き出した企画“オールガンダムプロジェクト”にてキット化された初の1/144でのキットF91です。

劇場公開当時、1/100のキットに感動して以来のF91だったりするんですが、経験値を蓄積した後の、万を持したキット化ということもあり、サイズこそ小さいながらも気合いの感じるキットとなっています。
ちなみにランナー構成はこんな感じ。

近年のHG-UCや、RGなんかからすると拍子抜けするくらい少ないパーツ数だったりするんですが、特徴的な胴体の構成などうまい具合にキット化されています。
ただ、そのおかげできちんとつなぎ目を消して、塗装して仕上げようとすると、途端にハードルが上がってしまいそうなので頭が痛かったりするんですが・・・・(T_T)
はてさて、どうしたものやら・・・・

というわけで、今年もボチボチですが、引き続き更新していきますんで、よろしくお願いします。
炎上しない程度に(笑)ご意見ご感想なんかもいただけると嬉しいです(^^)
  


Posted by subarisuto at 18:40Comments(2)最近の日記

2013年12月30日

ラスト1日

シューマッハの容態が気になる男、スバリストです。  まさかスキーでの事故で重体なんて、ファンも、そして本人だって納得できないハズなんで、ぜひとも無事回復されることを祈っています。

さて、2013年も残り1日となりました。 今年は完成品がリハビリがてらに1月にサクッと作ったジム・セミストライカーとザクマリナーに2つだけだったんですが(オラザク用の新作は、2014年へ持ち越しです(T_T))、2014年は何か記憶(記録?)に残るような作品を作りたいと思っております。
そんな走っていた師もゴールに到着するようなこの時期に、模型誌を購入。

今月もこちらの2誌です。 

モデルグラフィックス誌は、話題のアニメ『ガンプラビルダーズ』を、モデグラ的な攻略法で特集しています。


オリジナルのガンプラを作ってバトルするっていうアニメなんで、オリジナルの作例っていうのも当然ながらアリなんでしょうが、劇中に登場していないものを作るっていうのは正直リスキーなような気がするっていうのは正直なところ。 しかし、あえてそんなオリジナルのガンプラを今のガンプラシーンに合わせて作例として製作するっていうのは、いかにもモデグラっていう感じで面白いですよね。

レッドウォーリアをリスペクトした岡プロの岡式(^^)
肩の百が岡になってるのが面白い。

ビルドガンダムマークⅡを、『ならば!』とバーザム(それもセンチネル版)で作ってしまう・・・・。

ガザCベースでバトルに参加しても、微妙~に不利なような気もするんですが・・・・(^^;

陸を走るっていう発想は、Vガンダム以来のものですよね。 
私も、これより派手なアッシマーを作らねば・・・・ってね。

ついに終了となったアルペジオから、今月はキリシマ&ハルナの合体形態!
メチャメチャ模型栄えするんですが、キットが出たとしても作れるかどうか・・・・(汗;
でも、実物が見てみたいなぁ・・・・。



ホビージャパンは、ついに発売となったサンダーボルトの特集です。 まさかオリジナルのコミックからキット化されるとは、昔なら考えられなかった話なんで、幸せな時代になったもんです。 
そんな特集で気になった作例は、やはりフルスクラッチ(←キットじゃないんかい!! 笑)

私も以前、オリジナルのガンタンクを製作したことがあるんですが、『なるほど! こうすれば模型栄えするのか!』と大変参考になりました。 しかし、完全にタミヤ製のガンプラですね(^^;

この手のサポートメカ?は、個人的に燃え(萌え?)るものがあります(^^)

この他にも、ついに発売となったMGサザビーver.Kaの作例も掲載されています。

ちなみに簡単フィニッシュの作例も掲載されているんですが、このキットって組み立てるだけで、すでに簡単・・・・じゃないですよね(^^;  箱だけでもバカデカいんで、店から家まで持って帰るだけでも一苦労っていう話もあるみたいですが・・・・(^^;


いよいよラストエピソードの公開まで半年余りとなったガンダムユニコーンですが、外伝のコミックで登場し、バンダイプレミアムでHG-UCまで発売されたリバウを、1/100でスクラッチしています。
HG-UCの作例も掲載されているんですが、1/100で合体、変形をスクラッチなんて、さすが過ぎます(^^;

今月は、ついに発売となったヤマト2199版1/500ヤマトの特集なんかもあるわけなんですが、こちらはみなさんの眼で直接ご確認ください(^^)  完成度の高すぎるキットっていうのも、ライター泣かせっていう典型的な例ですね(←もちろん、賞賛してるんですよ ^^)

来年はみんなが『じぇじぇじぇ』ってなるような作品を『倍返し』で製作したいものですね(←もういい?)
  


Posted by subarisuto at 23:53Comments(2)最近の日記

2013年12月16日

オススメのガンプラ模型誌『GHL』

ども!  アスラシステム未搭載の男、スバリストです。(いろいろ言われてたけど、それなりに楽しんで観てた私)

年の瀬12月も半ばを過ぎ、年末調整で慌ただしくなrたり、惰性でノンビリだったりいろんな人がいるんでしょうね。
そういう私は、未だ流動的な予定に振り回されてたりして・・・・(T_T) 
とりあえず久しぶりに大阪モーターショウの見学に行ってみたいなぁ・・・・とか思ってたりするんですが、零細自営業者の予定は未定です。

そんな年の瀬に、『ガンダムホビーライフ』(GHL)の第3弾が発売されました!

ガンプラ専門誌とはいえ、その意欲的な内容に、毎回楽しみなGHLなんですが(せめてもうちょっとお値打ちな価格なら申し分無いんですが・・・・^^;)、今回も盛りだくさんの内容です。

特集第一弾は、『時代を駆け抜けた名機たち』ということで、Sガンダムを始め、Zプラス、ブルーディスティニー、ヘイズル、ハイザック[ヴァナルガンド]などなど気合いの入った作例陣です。


前回から続く師弟対決は、ついにあのMAX渡辺氏の1/100グフが完成です。  


新企画『ガンプラバトルロワイヤル』第1極は、MGジオングをテーマに基本塗装禁止モデリング。
成型色を最大限に活かしつつ、スミ入れやウエザリングなどで、凄い作品になってます。

個人的に挑戦してみたいと思ったのが、マスキングを用いたウエザリングですね。 


前回から続く『異ジャンルモデラーの挑戦』は、SF艦船モデラーがαアジールを料理してます。
電飾なども仕込まれていて、こういう作品って展示会などでは注目度抜群なんですよね。


同じく前回から続く企画『ザ・ドキュメント・モデリング』では、ヒルドルブを1週間で製作されています。

オオゴシトモエさんの『モケジョに会いたい!』では、小学5年生の女の子が登場!!

いやぁ・・・・、こういう企画って、意外に他の模型誌ではそうそうやらない(できない?)企画だと思うんで、ちょっと面白いと思いましたね。

さらに好評の企画、『この模型サークルがスゴイ!』では、福島県をホームに活動中の『RRM』さんが登場。


今回も内容盛りだくさんのGHLですが、ついに次回の特集は『ガンダムUC MSV』です!!
3月中旬発売予定とのことですが、今から楽しみです!!
ちゅうか、今すぐ3号購入に書店へGO!ですよ(^^)
定価1500円で全国書店で発売中(アスキー・メディアワークス)です。
  


Posted by subarisuto at 23:17Comments(0)最近の日記

2013年12月04日

もけいはく&レディーバード 模型展示会

ども!  あいかわらず深夜作業続行中の男、スバリストです。

これだけ長い間、昼夜逆転の生活を続けていると、たまの休みに昼間に出かけたりするとやたらと疲れたりするんですが(T_T)、12月1日は久しぶりに(本当に久しぶりに ><)展示会の日に仕事がオフだったもんで、大阪のボークスホビースクエアで毎年開催されている展示会『もけいはく』に作品を展示させていただいた後、大阪市中央区の愛日会館で開催されていた『レディーバード』さんの展示会をハシゴして見学してきました。

『もけいはく』は、ミニチュアガーデンさんが毎年開催されているイベントで、メンバーでなくても当日参加が可能という珍しいイベントです。 

ここ数年、“その日にかぎって”仕事が入ってしまっているという状況が続いていたんですが、今年はなんとか仕事がオフになったもんで久しぶりに“作品を展示させていただく”という形で参加させていただきました。
やっぱり自分の作品を持って行って展示させてもらうっていうのはいいですね(^^)  


今回のテーマは『未完成』ということで未完成品の作品も展示しませんか?っていうことでした。
未完成の作品を“あえて”展示するっていうのは色々と難しいなぁ・・・・っていうのもあったんですが、製作者と見学者の交流という意味ではアリかもしれませんね。 まぁ、そういうのが苦手(っていうか、製作者がその場に居ないっていう場合も多いんですが・・・^^;)っていう人も多いんですが・・・・。

作品を展示させていただいた後、午後からレディーバードさんの展示会に向かいました。

こちらは逆に飛行機を中心にメンバーさんの作品が展示されていたんですが、気合いの入った力作が多いなぁ・・・・っていう印象でした。 


最近は『風立ちぬ』や『永遠の0』(ちなみに原作者百田尚樹さんは、『探偵ナイトスクープ』の構成作家の方です)で二次大戦機が話題になっているんで、こういうのも作ってみたいんですけどね。

久しぶりに模型ざんまいの一日だったんですが、しばらく模型を作る余裕も無かったもんで、ぼちぼち製作も再開させにゃあなぁ・・・・って思いました。
  


Posted by subarisuto at 16:36Comments(0)イベントの報告

2013年11月28日

忙しすぎ~(><)

ども!  “ここ一番!”っていうときに限って予定が合わずに仕事が詰まっててイベントに参加できずにいる男、スバリストです。 いやぁ、もう今月に入って急に出張は入るわ、試験が有るわ、休みなしで延々と徹夜の仕事が入るわとスケジュールに全く余裕の無い状態となっています。 自営業の身としてはありがたい話ではあるんですが(お店で孤独な時間を耐えていたあの頃に比べたら・・・・><)、なんせ身体が一つしかないんで、他のことが全く手につきません。 鳥男に花の赤い人形でも貸して欲しいもんです(^^;
残念ながら楽しみにしていたモデラーズエキスポも今年は見学に行けなかったんですが(その頃私は福島県でしたよ(T_T))、来月1日に日本橋のボークスで開催予定の『もけいはく』も、今年も行けるかどうか怪しいところです。

そんな中、仕事の現場へ向かう途中で、なんとか模型誌だけは手に入れてきましたよ。

今月のモデルグラフィックスは、宮崎駿氏最後の映画(だよね?)を受けて(だよね?)ファインモールドの三菱九単座戦闘機のキットが付いたマガジンキットとなっています。 

おかげで定価が2700円とけっこうハードルが高くなってしまっていますが、逆に制作記事も分かりやすく解説されてたりするんで、スケールモデルをきっちりと作ってみたいっていう人にとっては、良いきっかけになるんじゃないかって思います。 

このほか、話題のCGアニメ『蒼き鋼のアルペジオ』から、POOH熊谷氏のイ401の作例が掲載されていますよ。

アオシマからキット化が決まったようですが、キットは通常の潜水艦状態にエッチングパーツを追加したおとなしい感じなので、個人的には作例のような船体がバカッと開いた超重力砲発射形態を期待してたんですが・・・。
作例は設定とは異なる部分も多いんですが(なんせ複雑なんですよね ^^;)その他の霧の艦隊を含めてパカッと開いた方を期待したいですよね(←買うかどうかは置いといて・・・・ね)

ホビージャパンは、毎年恒例のコンテスト、オラザクの結果発表となっています。

今年はちょっと変化球系の作品の受賞が目立っているんですが、この路線が進み過ぎるとちょっと大丈夫かなぁ・・・・なんて思ったりもするんですが・・・・。  私もどちらかというとネタ系は嫌いではないんですが、できれば侍ジャイアンツよりも巨人の星程度であってほしいなと・・・・(^^;  大喜利じゃないんだしね(^^;

他にも話題のキット、サザビーver.Kaのテストショットなんかも掲載されてます。 さすがにキッチリ作りこんで完成まで持って行くにはハードルが高そうですが、ぜひ組み立ててみたいキットではありますよね。

さて、こちらでも告知していた忘年会なんですが、参加予定の方もほとんどおられないようですし、肝心の私の方が参加できるかどうかも怪しいという状況でして、残念ながら今年は(今年も?)開催を見送りたいと思います。 また年が開けましたら何かしらオフ会的な感じで集まる機会を設けることができればとも思っていますんで、その時には改めてコチラで告知させていただきます。

というわけで、今夜も仕事に向かうとしますか・・・・(><)
  


Posted by subarisuto at 17:23Comments(0)最近の日記

2013年10月26日

さ~て、今月のホビージャパンは? & 忘年会のお知らせ

ども! 16年ぶりの試験勉強に身動きが取れなくなってしまっている男、スバリストです。

『歳を取ると、時間が過ぎるのがどんどん早くなって・・・・』なんて言いますが、それってその人が生きてきた時間から換算するからだそうです。 とはいえ本人の“気の持ちよう”みたいなところも大きいような気がしないでもないんですけどね。  というわけで、早いもので(笑)今月も模型誌の発売の時期となりました。
今月も諸般の事情で、ホビージャパン誌だけだったりするんですが・・・・。

意外と?各方面から好印象のようなガンダムビルドファイターズが巻頭特集なんですが、やっぱり個人的には自分が精魂込めて作った作品が真っ二つにされちゃうっていうのには、かなり抵抗がありますね(^^;
個人的に興味津々なのは、年末発売予定のこのキット。

ネットなどでもすでに色々と言われてるみたいですが、個人的には素直に期待したいところです。
さすがに完成まで持って行けるパワーは無さそうなんで、手は出ないんですけどね(^^;

第二特集では、私も放送当時から嵌っていたガルガンティアの続編の決定を受けて特集記事が・・・・。

『個人的にはヴァルブレイブよりもこっちをキット化してほしかったんだけどなぁ・・・・』とか思ってたりラジバンダリ。

第三特集では、今話題の3D造型が取り上げられていました。

インタビューの中で『今のイラストレーターがPhotoshopが使えて当然みたいになっているように、モデラーなら3Dソフトを使えて当然みたいな時代が近い将来、やってくるだろう』っていうのが印象的でしたね。
そうなると、造型の精度を売りにしている人とかって、どうなってしまうんでしょう???(汗;

さらに今月は、こんな本も買ってみました。

モデルアート社から発売された、ある意味GSIクレオスのカタログみたいな本なんですが、カラーチャートの色合いも比較的信用できそうですし、塗装や工作に関するテクニックや知識も掲載されていますんで、改めてきちんとした知識を頭に入れてステップアップしたいっていう方なら、ぜひ手に入れておいて損は無い本だと思いますね。
1800円+税と安くもないですが、長い将来に役立つと考えたら、そんなに高い買い物じゃないはず。

というわけで、ここで改めて今年の忘年会の告知を。
早いものでボチボチ忘年会の件なんかも考えないといけない時期になってきたわけなんですが、今年は12月の始めあたり(1日or8日?)の日曜日に開催しようかなぁ・・・・なんて思ってます。
今年も17時くらいからの開催を考えているんですが、どんなもんでしょう?
毎年、“ここでしか聞けないような濃い内容の話”の忘年会だったりするんですが、『今年こそは行っちゃるぞ!』という方は、まずはコメントにて手を上げていただけると幸いです。
今年も日本橋周辺で、飲み放題、食べ放題3500円程度の焼肉屋さんを予定していますんで、お気軽にお問い合わせください。 予定では堺筋沿いのお店です。
『また焼肉かよ・・・・』っていう話もあるんですが、私的には1年に1回くらいしか焼肉屋さんに行かなかったりするもんで・・・(^^;
ある程度参加者が集まった11月後半頃に予約を入れたいと思っていますんで、みなさんの参加をお待ちしています・・・・っていっても毎回、こぢんまりとした集まりなんですけどね(^^;
  


2013年10月18日

ガンダムホビーライフ vol.2

ども!  休日返上の夜間作業と試験勉強と遠方への出張のおかげで、非リア充街道まっしぐらの男、スバリストです(T_T)
なんだか次から次へと大型の台風がやってきて、各地で大きな被害も出ているようですが、皆さん、大丈夫だったでしょうか? おまけに台風が過ぎ去った途端に秋を通りすぎて急に寒くなるという・・・・。 
今年はいろんな意味で秋を満喫している余裕は無さそうです(><)

今年の夏に発刊され、ハイレベルな作例に広告ゼロという異端の(良い意味でね)模型誌『ガンダムホビーライフ』の第2号が発売されました。

今回は直球のジオン特集です。

アラフォー世代には懐かしいMS戦記に登場したフレデリックブラウンのザクを、なんと1/48スケールのメガサイズで製作されています。 

他にもMAX渡辺氏の師弟対決・・・・のはずが、MAX氏が〆切を落とすという・・・・。

次号へ持ち越し・・・・って、完全に後出しジャンケンじゃん!(爆)

さらに、サークル紹介では、関西でブイブイ言わしてるあのサークルさんが・・・・。

サークルといってもオフ会的な特殊なスタンスのサークルなんですが、知り合いのサークルさんが雑誌に掲載されてると、やっぱりちょっとテンションが上がります(^^)

実は意外にもこの雑誌、広告がいっさい無かったりします。 以前から『広告が無かったら、もっと模型誌も薄くなって読みやすくなるのに・・・・』って思ってたんですが、やっぱり個人的にはこのくらいの厚みだと助かりますね。
いろいろ難しいところもあるでしょうが、このスタイルは死守してほしいですね。 厚みの割に価格が・・・・っていうところもあったりするんですがね(^^;

さらに、先週末には、徹夜仕事に向かう前に、八尾市のプリズムホールで開催されていた『おじさんとお兄さんの模型店』を見学してきました。

なんせ時間が無かったもんで駆け足で見て回ったんですが、今回もスケールからキャラ物まで色々と出品されていました。 『広い会場をゆったり・・・・』っていうのもあるんでしょうが、そうすると『作品が少なめ・・・・』って思われてしまいそうなんで、いっそのこともうちょっとだけ密度を上げて展示して歓談スペースを設けるっていうのも有りだったんじゃないかなぁ・・・・なんて思ったりラジバンダリ・・・・。  第一印象って怖いですからね(^^;

早いものでボチボチ忘年会の件なんかも考えないといけない時期になってきたわけなんですが、今年は12月の始めあたり(1日or8日?)の日曜日に開催しようかなぁ・・・・なんて思ってます。
毎年、“ここでしか聞けないような濃い内容の話”の忘年会だったりするんですが、『今年こそは行っちゃるぞ!』という方は、まずはコメントにて手を上げていただけると幸いです。
今年も日本橋周辺で、飲み放題、食べ放題3500円程度の焼肉やさんを予定していますんで、お気軽にお問い合わせください。
  


2013年09月30日

護衛艦いせ乗艦

ども! 最近すっかり曜日感覚が無くなってしまった男、スバリストです。

久しぶりに昨日の日曜日は仕事がオフだったんですが、大阪の天保山(山じゃなくって港ですよ~)で護衛艦いせの乗艦見学イベントがあるというので行ってきました。
いせというと、ひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦の2番艦なんですが、パッと見は『空母?』みたいな船です。

天保山の観覧車の横を歩いて行くと、大きな船体がどど~んと。

というわけで、興奮を抑えつつ、さっそく乗船



甲板へは大型の後方エレベーターで。 頭の中にはマクロスのテーマソングが・・・・(^^)

広~い甲板。 『めっちゃ空母やん!』(笑)
甲板上には、興味津々なものがいっぱい。

ファランクスも目の前でガン見(^^)  ちょっとだけ動かしてくれてたんですが、動画を撮り損ねてしまいました。

機銃座

側面を覗き込むと、こんなものも・・・・。

VLS、垂直発射!!

もちろん、搭載のヘリだって、コクピットまでガン見できましたよ。

以前に1番艦のひゅうがが神戸に来たときは仕事で行けなかったもんで、今回は大満足でした。
モデラー的には、
『ここのディテールは、本当はこうなってるんや・・・』 とか、
『パネルラインで色が違うってあるんだなぁ・・・・』 とか、
『これぞリアルなウェザリングだ!』
みたいなもの満載で、いろいろ勉強になりましたし、刺激にもなりました。

私も急遽知っていくことになったんで告知とかも出来なかったんですが、最近は陸自の演習なんかも大人気みたいだし、機会を作ってでも行ったほうがいいなぁ・・・・って思った1日でした。
  


Posted by subarisuto at 12:33Comments(0)最近の日記

2013年09月28日

MG & HJ

ついにバカボンのパパの2コ上になってしまった男、スバリストです(><)

暑い、暑いと言ってたら、このところ急に朝晩が涼しくなってきましたよね。 空気も乾燥気味でモデラーにとっては良い季節になってきたわけですが、こんな時にかぎって仕事でバタバタしてて製作が進まないという・・・・(T_T)
『せめて・・・・』というわけで、徹夜の仕事に向かうその前に、本屋に立ち寄って模型誌を手に入れてきました。

今月はモデグラとホビージャパンの2誌です(^^)

モデグラはついに発売となったバンダイの超絶キット『VF-1 バルキリー』の発売を受けてマクロス特集です。

巷では『変形が大変すぎる』とか『パーツがポロポロ取れる』とか言われてたりもするんですが、それはそれで“想定の範囲”だったわけで、開発者の熱いインタビューなんかも掲載されています。
個人的に圧巻だったのはコチラ。

こちらもついに再販の運びとなったマクロスファクトリーです。
いやぁ・・・・、やっぱりオッサン世代には、この手のアイテムはあこがれがあるんですよねぇ・・・・。
こんなのを見たら、私も“こいつの小さいヤツ”を作りたくなってしまいました(^^)

ホビージャパンは、いよいよラストを迎えるヤマト2199の特集なんですが、圧巻はこの作例ですね。

yubabaさんのヤマトカットモデルです。  この手の作品も、オッサン世代は弱いんですよねぇ・・・・(^^;

さらに、オーラバトラー特集も、ついに主役メカ登場・・・・・・なんですが、驚いたのはコチラ。

yubabaさんのゴラオンの作例です・・・・ってヤマトと同時進行なの???(汗;

オーラバトラーも個人的にやってみたいネタではあるんですが、なんでドラムロは再販されないんだ~(><)

電撃ではガルパンやら艦コレなどスケールもの(?)で盛り上がっていたんですが、今月もアニメカ全開の私なのでした(^^)
  


Posted by subarisuto at 23:15Comments(0)最近の日記

2013年09月23日

たまには真面目にキットレビュー

ども! 実は半沢直樹と同じ歳だったりする男、スバリストです。  ちなみに堺雅人さんは年下です(^^)

例によってカレンダーとは関係無く、徹夜の仕事ばっかりしている私なんですが、徹夜の仕事から帰ってきたらバンダイプレミアムから荷物が届いていました。
『も、もしかして・・・・』

94式ベースジャバーです。

というわけで、たまには普通にキットレビューなんかしちゃいましょうか(^^)

ランナー状態ではこんな感じです。 
ちなみに右の2週類のランナーは同じもので、ご想像通りフルアーマーユニコーンのものをスイッチングで不要なパーツ(?)を取り除いたものです。 ひとむかし前だと、ちょっとくらいは『このパーツは使用しません』っていうのもあったりしたもんなんですが、そういうのは全く有りません(^^;
完全な新規ランナーは左のコクピットを含むブロックだけだったりするんですが、これだけでもキット代金1000円でスクラッチとか無理だし、イベントのガレージキットだと10倍くらいの値段になってしまったりするんで、ここは素直に喜びましょう(^^)


例によってボックスアートと同じく単色の味気ないインストです(^^;


このなんとも言えないプレーン具合がいいですよね(^^) 

バックショットはこんな感じ。 
頑張れば頑張るほど答えてくれそうなアイテムではありますが、最近はそういう作品もけっこう見かけるんで、逆にハードルが高めかもしれません(^^;


ベースジャバーUC版、89式ベースジャバーとの3ショットです。  こうして比べるとシンプルさが際立ちます。
価格としてはUC版と同じ1000円の94式ではありますが、そこはプレミアムだからっていうことで・・・・(^^;
SFチックなメカとしてはサブフライトシステムって燻銀なんですが、モデグラあたりで特集とか・・・・やってくれないだろうなぁ・・・・。
っていうか、こういうネタこそダブルアール誌でやってほしいところなんですけどね。


  


Posted by subarisuto at 23:12Comments(2)模型製作日誌

2013年09月01日

秋の展示会のお知らせ in 関西

ども! 仕事の疲れが倍返しでやって来ている男、スバリストです。 
8月も最後の最後で台風がやって来て各地で大雨が降っていますが、そんなさなか、私は出張の仕事で福岡まで行っておりました・・・・(T_T)  そりゃあオラザクも間に合いませんって(><)
雨の中、キャラホビに行かれたという方、大丈夫でしたか???

さて、9月に入り、今年も各地で模型の展示会が色々と企画されているみたいなんですが、関西中心ですがちょっとご紹介させていただきます。
○ワイルドチキン・同志社大学模型研究会 合同展示会
会場 : ボークスホビースクエア大阪 ( 日本橋 )
9月 15日 ( 12時30分 ~ 18時 )
16日 ( 11時 ~ 18時 ) 

○第27回関西AFVの会
会場 : ボークスホビースクエア大阪 ( 日本橋 )
9月 22日 ( 11時 ~ 17時 )

○奈良模型愛好会 展示会
会場 : ボークスホビースクエア京都
9月 22日 ( 11時 ~ 20時 )
23日 ( 11時 ~ 18時 )

○モデラーズパーティー~CLIMAX~
会場 : 名古屋国際会議場 白鳥ホール
9月 22日 ( 9:00~16:00 )
詳しくは http://www.modelersparty.com/profile.html

○おじさんとお兄さんの模型展 
会場 : 八尾市文化会館 ( プリズムホール )
10月 12日 ( 11時 ~ 18時 )
13日 ( 9時 ~ 16時 )


○モデラーズエキスポ2013
会場 : 大阪南港ATC 10F デザインギャラリー 
11月 2日 ~ 4日
詳しくは http://www.modelersexpo.com/

○もけいはく2013
会場 : ボークスホビースクエア大阪 ( 予定 )
12月 1日 ( 予定 ) 
詳しくは http://www.devi2000.jp/mini_index.htm

関西以外のイベントもあるんですが、今年はなんだかイベントが盛りだくさんですよね。 年末恒例のJMCの展示会が今年は開催されないのが残念なんですが、毎年そのイベントに参加されている模型サークルさんの有志でボークスホビースクエア大阪で12月7~8日に展示会が企画されているそうです。 
私も仕事が入っていなければできるだけ見学に行きたいと思っていますんで、ぜひみなさんもお誘い合わせの上、見学に行ってみてください!!
  


Posted by subarisuto at 23:25Comments(0)イベントのお知らせ

2013年08月24日

稲妻のように

ども! 毎年、この時期になると、ワンフェス,キャラホビとイベント参加の準備に忙殺されていたあの頃のことを思い出す男、スバリストです。 来週末にはいよいよ幕張メッセにてキャラホビ2013が開催されますが、ディーラー参加の方は今頃はきっと大忙しなことと思うんですが、頑張って乗り切ってください!!

今年の夏は気温や雨の量などなにかと記録的な夏となりましたが、そんな8月も残り1週間となりました。
私の方もなんとか徹夜の仕事は盆前にはひと段落したんですが、その後に別の仕事が入ったために、結局はまとまった休みは取れませんでした(T_T) 
まぁ、それはそれでありがたい話ではあるんですが、模型的には全く作業ができず、苦渋の選択で今年もオラザクの参加は見送ることとしました。 当初は気合いでなんとか完成にこぎつけるつもりでいたんですが、ここまで頑張ったものを最後の最後でやっつけで完成させてしまうっていうのも残念ですからね。  『来年のオラザクに向けて・・・・』と言いたいところなんですが、それはそれで気の長い話になってしまうし、どうしたものやら・・・・(^^;

で、ですよ!(←前置き、長っ!)、今月も模型誌を手に入れてきました。

ついに今月は1誌のみです(^^;  まぁ、いろいろあるわけですよ、いろいろと・・・・

まもなく放送開始となるTVアニメとしては初のガンプラアニメ、『ガンダムビルドファイターズ』の情報も、続々と入ってきています。

オールガンダムプロジェクトということで、ガンダムF91やVガンダムのキット化も決定していますが、ガンダムに限らずこの流れでどこまで未だキット化されていないMSに光が当たるのか楽しみですよね。

さらに年末の超大型アイテムとして、MGサザビーver,Kaのキット化も発表されています。

νガンダムが名作キットだっただけに、こちらにも期待が膨らみますよね。

個人的にビックリだったのが、こちらのニュース。

スペリオール誌で連載中のコミック『サンダーボルト』に登場するMSのキット化の報なんですが、まさかここからキット化されるとは予想もしていませんでした(^^;
サンダーボルトというと、ガンダム、ザク、ジムなどおなじみのMSが登場しているんですが、デザインラインがまったく独特だったりするんで、そのあたりの兼ね合いをどう処理していくのか興味が有りますね。

来月以降は、関西でも模型展示会がいろいろ予定されているんですが、ガンプラに限らず、なんとか模型を作るいろんな意味での余裕を確保したいなぁ・・・・と思う私でした。

  


Posted by subarisuto at 23:04Comments(0)最近の日記

2013年08月06日

ヒッシのパッチ

いずみ製菓の菓子部門の廃業に伴う“ムギムギ”の生産中止にちょっとショックな男、スバリストです。

8月に入り、各地で大雨による被害が報告されていますが、皆さんのお住まいの地域は大丈夫だったでしょうか?
私の方はこのところ、ずっと夜間の仕事が続いておりまして、昼夜逆転の毎日が続いています。 オマケに朝方に帰ってきて、そのままバタンキュー(←死語)して、次に意識が回復するのが15時ごろ。 それから風呂に入って、用事を済ませて軽く食事を取ってまた仕事に出かけるという死のローテーションに陥っていまして・・・・(><)
休みらしい休みも仕事が押しているために取れず、おかげで模型製作の方も進めるに進められない状況となっています。 そんな中、仕事に向かう途中に本屋に飛び込んで、なんとか模型誌だけはゲットしております。



スンマセン・・・・・、今月も2誌だけです(^^;

電撃ホビーは、いよいよガンプラ王の発表となっております。
今年のガンプラ王は、ナ、ナント!SDです!!

最近はSDといっても、HG-UCやMGを切り詰めて製作を進めるというハイディテールなものが主流となりつつあるんですが、今回の作品もそういった作品ですね。 SDファンの方にとっては、ある意味悲願の入賞かもしれませんね。 

個人的に『ヤラレタ!』と思ったのが3位のこの作品。

ガンダムSEEDのグーンをリアルプロポーションにしたような作品(って元のデザインもSDってわけじゃないんですが・・・(^^; )です。 一瞬、ガシガシと変形して・・・・って思ってしまったんですが、さすがにそれは無かったみたいですね(^^; 

コンテストとしてオラザクとの違いみたいなものが(賞金額も含めて 笑)出てきてしまったような気がしないでもないんですが、やはりこういったコンテストっていうのは制作する側としては目標になったりもするんで、ぜひ来年も開催していってほしいですね。 JMCだって今年は開催が見送られてしまいましたしね(T_T)

ホビージャパンは、ついに発売となったRGガンダムGP-01にあわせ、HG-UCのGP-02,ガーベラテトラ、さらにフルスクラッチのザメルなども交えた0083特集となっています。

0083の大型キットというとデンドロビウムがあるわけですが、こうなると未だキット化の噂すら無いザメルだって、あるいは“無い話”でもないかも知れませんね。

今年のオラザクの〆切まで1ヶ月を切ってしまいましたが、さすがにこんな状況のため、〆切に間に合うかどうかすら怪しい状況になってきました。 なんせ盆休みすら取れるかどうか微妙だったりしますしね(汗;
今回はバイアランカスタム的な派手な脇役MS(オリジナルですよ)を制作しているんですが、ネタバレ防止のために『こんなん作ってまんねん』的なことも書きづらいわけで、いろいろと歯がゆい思いをしています。 
なんとも先の見えない状況の私なんですが、なんとか行けるところまで頑張ってみます(><)
  


Posted by subarisuto at 18:05Comments(0)最近の日記

2013年07月17日

ガンダムホビーライフ

今年も早くもガリガリ君が1本当たった男、スバリストです。

しかしまぁ、なんですねぇ・・・・、暑いのはしかたないとしても、この湿度だけはなんとかならんもんでしょうか?
車で移動することが多いもんで、当然のごとく車内ではエアコンをかけてるわけなんですが、車から降りるとメガネが曇るし、コンビニに入って、出てきたらまたメガネが曇るというコントみたいな状況になってしまうんですよね。
関西地方の不快指数,侮りがたしです(><)

というわけで、またまたモデラー(っていうかガンプラ寄りなんですが・・・)には面白い雑誌が創刊されました。
その名も『ガンプラホビーライフ』

電撃ホビーマガジンと同じアスキー・メディアワークスから出ているんですが、月刊誌のように時間に制限されたスタイルではないということで、モデリングアドバイザーとしてプロモデラーのNAOKIさんを中心に一歩踏み込んだ企画も掲載されています。
巻頭特集のアムロ専用機特集では、MGガンダムver.2.0をベースにしたハッチオープンの作例を掲載

個人的に面白いと思ったのは、この企画、『ザ・モデリングドキュメント』

模型誌では製作に関する記事は多いんですが、それをタイムスケジュールという視点から追いかけた企画っていうのは珍しいように思います。 昔は『3日間モデリング』とかあったんですけどねぇ・・・・。
『模型を作ってるなんて、暇があって羨ましいなぁ・・・・』なんて言う人も多いんですが、ところがどっこい(←死語)模型が上手な人は時間の管理もしっかりされているという見本のような企画ですよね。

さらに面白いと思ったのがこの企画、『異ジャンルモデラーの挑戦』

モデルアートの増刊『RRメカニクス』でもこういった企画を期待していたんですが、なぜかほとんど無かったもんで面白いですよね。 余談ですが新作のガンダム(ガンプラ)アニメ『ガンダムビルドファイターズ』を往年の『プラモ狂四郎的な・・・・』って言う人も多いんですが、プラモ狂四郎ではガンプラだけでなく、スケールモデルやサンダーバードのジェットモグラなんかも作ってたりしたんですが、さすがにそういうのは“大人の事情”で難しいでしょうね(^^;

全国の模型サークル紹介のコーナーでは、プロモデラーも多く在籍する『千葉しぼり』さんが紹介されています。


オオゴシ・トモエさんのモケジョのコーナーも“カラーで”掲載。


創刊号ということで手探りっぽい雰囲気もありますが、今後の展開にも期待したい冊子となっていますので、店頭で見かけた際は、是非一度手にとって見てみてくださいね。
ちなみに次回は10月中旬の予定となっています。 
次回の特集はジャブロー攻略戦特集ということで、今から楽しみですね。
  


Posted by subarisuto at 13:48Comments(0)最近の日記

2013年07月08日

語れ!マクロス

ども! 最近、店頭で『あんかけチャーハンの元』を見かけなくなって寂しい思いをしている男、スバリストです。

いよいよ私の住む大阪でも梅雨明けし、夏本番となってきましたが、いかんせんこの湿度の高さだけはなんとかならないもんですかねぇ・・・・(^^;  こんな時期にコンプレッサーでエアブラシ塗装なんてしようもんなら、油断していたら突然、ブラシの先から水が吹き出してパニックになったりするんですが、この理論を応用して水不足対策とかできないもんだろうか?とか思ったりもするんですがどうでしょう?(それってただの除湿機能じゃん!)

というわけで、久しぶりにちょっと面白い本を発見しました。

以前に発売された『語れ!ガンダム』の第二弾?のような本ですね。

幸いにも20世紀末にゼントラーディが攻めてくるようなことは無かったわけですが(^^)、マクロスは今年で30周年ということです。 前回の『語れ!ガンダム』でも興味深い記事が多かったんですが、今回の『語れ!ガンダム』でも興味深い記事が満載となっています。
マクロスという企画がスタートするまでの経緯や、リンミンメイのモデルが(松田聖子+中森明菜)÷2だったとか、早瀬未沙のモデルが武田久美子だったとか『へぇ~、そうだったんだ~』的な話がいっぱいです。
最近はSFアニメもたくさん製作されてたりするわけですが、創世記の当時は試行錯誤しながら熱い思いで企画が進んでいたっていうのがよくわかる内容で、読んでいて面白かったですね。
7月27日発売ということで、ぼちぼち店頭では頑張って探さないと発見できなくなってきたんですが、見かけたらぜひいちど手にとって見てみてくださいね。  立ち読みでは処理しきれない濃さですよ(^^)

さらにマクロスといえば、関西ではこんなイベントも・・・・。
『 MACROSS  THE  MUSEUM  』

宝塚市にある手塚治虫記念館で開催されている展示会で、劇中に登場する2059年の人類統一政体「新統合政府」が運営する「マクロス記念ミュージアム【MACROSS:THE MUSEUM】」の特別企画展示が実際にあったら・・・というイメージだそうです。  なんとバルキリーVF-1Sのコクピットも再現されていて、搭乗することもできるそうです。  そもそも宝塚に手塚治虫記念館なんていうのがあるなんて知らんかったっていう人も多いかと思いますんで、ぜひ私も機会を見つけて・・・・っていうか作って行ってみたいと思っています。

近隣の飲食店では展示会に連動したタイアップ企画『マクロスグルメ』なんていうものもやっているみたいなんで、せっかくなんでそっちにも足を伸ばしてみたいですね。
この暑さで毎日ゲンナリ、グッタリなわけですが、模型製作のモチベーションアップのために、たまにはこういったイベントに行ってみるっていうのもどうでしょうか?(^^)

  


Posted by subarisuto at 13:10Comments(0)イベントのお知らせ

2013年07月01日

シャア専用特集って・・・・(^^;

ども! 前回のブログ更新の翌日に、ネット限定で94式ベースジャバーが発売されることを知り、思わず『行ってしまえ~!』と予約してしまった男、スバリストです(笑)

早いもので2013年も半年が過ぎてしまいました。 早くも奄美地方が梅雨明けしたとのことですが、今年もまたあの暑い季節がすぐそこまで来ているようです(><)
というわけで、今月も模型誌を入手してまいりました。  それも3誌も!!(久しぶり!!)

最近はなかなか3誌とも買うっていうことも少なくなったんですが(^^;、今月に関しては、
ホビージャパン  →  定番ということで・・・・
モデグラ      →  シャア専用特集なので(←なんで??)
電撃ホビー    →  ガンプラ王の予選通過作品が掲載されているので
ということで、思い切って買うことにしました。

何といっても面白かったのは、モデグラのシャア専用特集(^^)
今や世間では『赤けりゃ、とりあえず何でもシャア専用、承認!』みたいな風潮もあったりするわけなんですが、今回のモデグラは“そんなことも踏まえて”のシャア専用特集とのことです。 まぁ、それはそれでネタとしては面白いんですが、あんまり細かいことを言ってると『うるさいオッサンだなぁ・・・・』とか言われちゃいそうなんで(笑)、そこんところは触れない方向で・・・・(^^;
個人的に面白いと思った作例はこちらでしょうか。

MGゲルググの1.0と2.0をニコイチにした理想的なスタイリングのゲルググです。 ゲルググというと個人個人で思い入れがあって、万人が納得するゲルググっていうのが難しい気もするんですが、今回の作例は抜群の塩梅で回答を示したような気がするんですが、どうでしょう?

さらに今回の特集でも、POOH熊谷氏の凄い作例が・・・・。

スクラッチ1/48シーランスです。  いやぁ・・・・・、そう来ますか・・・・(^^;
この作品はぜひ雑誌を手にとって誌面で確認していただきたいですね。

ホビージャパンは今月も話題のアニメ『ヤマト2199』を勢力的に取り上げています。

オッサン世代には大盛り上がりのヤマト2199なんですが、キットも続々と発売されていますね。
やはり息の長い商品になることは予想されますんで、メーカーも力を入ているんでしょうね。

電撃ホビーはガンプラ王の1次予選通過作品が全て掲載されています。

予選通過者には全員にガンダム30thのクリア版キットが贈られるとのことですが、やっぱりこういうのはなにげに嬉しいですよね。  
来月は入賞者の発表とのことですが、願わくばもう少しページを割いていただいて、写真をもう少し大きめに掲載していただけると嬉しいなぁ・・・・なんて思うわけなんですが、どうでしょうか?(って誰に言ってるの?)

今年のオラザクも9月2日(月)消印有効ということで私も密かに製作を進めてたりするものの、微妙にネタバレ防止のために記事にはしづらかったりするんですが、おそらく“本気の人たち”は今頃きっと気合いを入れて製作を進めておられることでしょう。 最近はネットなどで色々な作品を目にすることも多いわけですが、『くっそー!やられた~』とか言いながら製作中の自分の作品に影響を与えたりするのも面白いもんですね。
  


Posted by subarisuto at 21:52Comments(0)最近の日記

2013年06月23日

夢の共演

声優の内海 賢二さんの訃報に、けっこうショックだった男、スバリストです。

『梅雨なのに,今年は雨が降らないなぁ~』って言ってたら、そこそこまとまった雨が降りましたね。 週明けにはまた雨が降りそうなんですが、大きな被害など出ないことを祈ります。
このところ暇だったり、急に忙しくなったりとモチベーションの維持が難しい状況だったりするんですが、そんな中、待望のキットが発売になったので、出張から帰ってきて早速買ってきました。  89式ベースジャバーです。

ノーマルのベースジャバーが発売された時には『さすがに89式は・・・』とか思ったりもしたんですが、まさかユニコーンからサブフライトシステム(SFS)が2種類もキット化(バンダイプレミアムを入れると3種類!)もキット化されるなんてさすがのユニコーン特需ですよね。 (色違いで3種類、Z版を入れると4種類?)
というわけで、さっそく組み立てて夢の共演を・・・・。

しかしまぁ、なんちゅう地味な画だこと・・・・(笑)
ちなみにドダイⅡは、行方不明になっています(^^;
こうして見ると、やっぱりドダイってどう考えても小さいですよね。

89式ベースジャバーもランナー3枚に、大きなパーツがバッバッバッと配置されていて、少なめのパーツ数でサクサクッと組み上がります。 オマケに完成すると、なにげにデカい(^^)
バースじゃバーもそうだったんですが、精密なディテールがぎっしり入っていて、下手すると間延びしてしまいそうな大きな面を埋めてくれているのは、モデラーとしてはニヤリとしてしまうキットですね。
そんなお買い得なキットが1300円! 
さらに私が買った量販店では、協賛セールで3割引でした。
さすがにユニコーンのラストで他のSFSが活躍するとは思えないんで(^^;シャクルズのキット化は難しいかもしれませんが、ジオン系のフォローという意味でも望みは捨てないでいましょう(^^)

89式というと、モデルグラフィックス誌の別冊でのPOOH熊谷さんの作例が素晴らしいんで、ぜひディテールアップの参考にされてみてはいかがでしょう。 

パーツ数を抑えるためにはさみ込みいっぱいのキットなんですが、そこは修行だと頑張りましょう。
せっかくこれだけSFSがキット化されたんだから、モデグラあたりでSFSコンペとかしたらラビアンローズコンペよりも盛り上がるんじゃないかって思うんですが、やっぱり地味すぎるかなぁ・・・・(^^;
  


Posted by subarisuto at 13:44Comments(0)最近の日記